expo2022

アンジメックス・キトク(AKJ)|ベトナム産ジャポニカ米新米が期間限定特別価格で発売開始!

PRメコンデルタのアンザン省とキエンザン省で2月から3月にかけて収穫されたジャポニカ米の「富士桜」が新米として店頭に並んでいます。この時期に収穫されるコメは雨による被害のない乾季にメコン川の豊富な水を使って栽培されたもので品質は最高です。

近年メコン川の水位が下がり干ばつや塩害が心配されているが、ジャポニカ米の栽培地域はメコン川の上流部に位置しており水には困りません。むしろ雨期に洪水で運ばれてくる土は天然の肥料になっています。

アンジメックスキトク(以下AKJ)が手掛けるジャポニカ米の栽培は、まず種子の生産からスタートします。自社の試験場で適正を検査し選定された品種は、種子専門の農家で増産。メコンデルタの一般の農家は田植えをせず種を直接田んぼへばら撒く一方、種子農家は苗を育て等間隔に丁寧に田植えをしてくれます。栽培中もインディカ米や雑草の除去を欠かしません。いい種がなければいい稲は育たない。種はとても重要です。

配布された種子で契約農家が生産したジャポニカ米は、AKJのカントリーエレベーターで乾燥され、玄米の状態で15℃~18℃の定温倉庫に保管されます。通常のベトナムの精米業者はモミや精米の状態で30℃前後の倉庫に何か月も保管します。この違いがAKJが年間を通して鮮度がよく品質の安定したコメを出荷できる理由です。

AKJは1991年にベトナムに進出し30年間ジャポニカ米の栽培と販売を手掛けています。ベトナムに進出当初はホーチミンに3~4軒しかなかった日本食レストランも現在は500軒を上回る数となり、近年はベトナム人を含め、幅広い人々がジャポニカ米を消費するようになりました。これからも品質重視でジャポニカ米を栽培していきます。

今ならこのジャポニカ米富士桜がAEON全店、MM Mega Market、Coop mart、LOTTE MARTにて期間限定の特別価格で販売開始。この機会に新米を召し上がってみてはいかがでしょうか。

店舗基本情報

アンジメックス・キトク(AKJ)

住所 Highway 91, Thanh An Ward, My Thoi Village, Long Xuyen City, An Giang Province, Viet Nam
営業時間 平日:8時~17時
土曜:8時~12時
日曜休み
電話番号 0296-3835-461
WEB www.angimex-kitoku.com.vn/

カテゴリー