1人当たり所得金額、ビンズオン省がトップ

統計総局は、2023年におけるベトナムの生活水準に関する調査結果を発表した。それによると、国民1人当たり月平均所得金額ランキングで、トップはビンズオン省の約829万ドンで、全国平均の1.7倍となった。

2位はハノイの約686万ドン、3位はドンナイ省の約657万ドン、4位はホーチミン市の651万ドン、5位はハイフォンの約639万ドン、6位はダナンの622万ドンなどとなっている。

地域別では、1位は東南部で約652万ドン、2位は紅河デルタ地域で約598万ドン。所得金額が最下位は北部内陸・山間地域で約344万ドン。世帯人員1人当たりの月平均所得金額が最も高いのは約1086万ドン、最も低いのは145万ドンで、高所得世帯と低所得世帯の間には7.5倍の格差がある。

※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。

PAGE TOP