【45分でわかる】8月10日(水)13時〜開催!ベトナムの日系企業の業績・採用マーケットの動向

【第10回】ドライアイの患者様が増えております|ベトナムハノイの日本国際眼科病院が眼病予防のヒントを解説!限定スターバックスプレゼントも

本記事では、ベトナムハノイで日本基準の医療サービスを提供する「日本国際眼科病院」の専門家が、眼病予防のヒントを解説します。

湿度の高いハノイではドライアイは関係ないと思っていらっしゃいませんか?実はドライアイになるのは単に涙の水分量が少ないからなるわけではないのです!乾燥を防ぐための油層の分泌が少なくなったり、コンピューター作業の際の瞬きの回数の減少によりおこったりします。

涙の成分は下記の3つ(油層・液層・ムチン)で構成されていますが、実は油分だけは分泌される腺が異なります。油分が通る腺では、たとえば、パソコン作業で瞬きの数が減ると、物理的に涙の分泌が減るだけではなく、当然運動回数が減るので血流が悪くなります。

血流が悪くなると、体温が下がって、油分も粘性が上がることで分泌が悪くなり、ドライアイにつながります。また目のふちに化粧をしっかりされる女性の方、もしかしたらそれで油分の分泌を止めているかも知れません。

目が乾く、痛いなどを感じましたら一度受診して正しい処置をいたしましょう。

日本人の方向けパッケージ一部
  • 学生視力検査パッケージ(18歳以下)250,000VND
  • 緑内障診療パッケージ2,130,000VND

※併設のパリミキでメガネをご購入の場合、視力検査代は無料となります。

併設のパリミキにてメガネの作製ができます!
視力検査時に近視・遠視・老眼などが見つかりましたら、併設のパリミキで日本品質のメガネを880,000VND(レンズ付)~よりお作りすることが出来ます。

コンタクトレンズもパリミキで!

パリミキでは、各種コンタクトレンズも取り扱いをしております。ぜひお気軽にお立ち寄りください。
※日本語対応いたします。
※各種キャッシュレスサービス・クレジットカードにも対応。

期間限定キャンペーン実施中
2022年7月31日まで!J&J商品を2個以上お買い上げで、スターバックスのバウチャー25万VND分をプレゼント!ご相談は、お電話もしくはLINEから
※写真はイメージです

日本国際眼科病院とは?

日本国際眼科病院は、2014年10月にベトナムハノイでオープンしました。世界トップクラスの眼科専門病院と同等の最新設備を備えて、質の高い医療サービスを提供しています。また、ベトナムと日本の経験豊富な眼科医が集合し、患者の未来のために国籍問わず多くの方に、ベトナムプライスでありながら日本の基準での医療サービスを展開しています。

日本人スタッフ紹介
青柳洋介氏。1992年から94年にワールドオプティカルカレッジにて眼鏡学を学び、2008年にシンガポールでメガネのディスペンシング&プラクスティングライセンスを取得。ベトナム保健省にもメガネの専門家として登録されている。日本国際眼科病院マネージングディレクターとして日本国際眼科病院に勤務。

店舗情報

日本国際眼科病院

住所 32 Pho Duc Chinh, Ba Dinh, Hanoi (パンパシフィック近く)
診療時間 8:00〜12:00 / 13:00〜19:00
※コロナの状況により突然変更されることがあります。まずは日本語専用番号からご予約くださいませ。
電話番号 093-222-8180(日本語専用)
ウェブサイト https://jieh.vn/ja
Facebook FB:/Japan International Eye Hospital/
公式LINE LINEからの問い合わせはこちら!

カテゴリー