現地の最新情報を無料でゲットする方法とは?○○をオススメする3つの理由をご紹介

【2021年】ベトナムで定期健康診断を受けるには?ホーチミン市・ハノイで健診が受けられる日系病院・クリニックもご紹介


労働許可証の取得などで必要になる健康診断。日本とは医療環境の異なる海外だからこそ、健康状態は定期的にチェックしておきたいもの。定期健診は会社負担での受診が一般的ですが、より詳細な検査を望む場合は国内外で受診するなどさまざまな選択肢があります。近年では、ベトナム国内で日本と同水準の健康診断を受診できる環境も整ってきています。

海外生活では知らず知らずのうちにストレスを抱えたり、よほど注意しないと日々の食生活も偏りがちです。年に一度の機会を逃さず、自身の健康状態を確認し改善に努めましょう。

健康診断に関わるベトナムの法制度

東南アジアの先進国であるシンガポールやマレーシアでは、定期健診が普及しつつありますが、あくまでも自主健診が中心です。それに対し、ベトナムは新興国であるにも関わらず、労働者への定期健診が義務化されている珍しい国です。

ベトナムでは2012年以降、雇用主に対し労働者への健康診断が義務付けられました(労働法第152条)。そのため日系企業では、法律で定められた基礎的な検査については会社負担で提供し、その他に追加されたオプション検査については従業員個人に負担させているところが多くなっております。

ベトナムの定期健康診断について

ベトナムで定期健診を受ける場合、会社が指定する病院で年1回の健診を受けるのが一般的です。その内容は通常、血液検査やX線検査など全身状態を把握するものとなります。ほとんどのオフィス事務所では、総合病院や健康診断専門クリニックに行って受診しますが、工場など場所によっては、医療機関からスタッフを派遣してもらい会社で受診する方法もあります。

日系クリニック・病院での定期健康診断について

ベトナムの日系クリニックや病院では、一般的な検査から、腫瘍マーカーやエコーなど総合的にチェックするものまで、さまざまな健診プログラムが用意されています。中には、健康診断後に数値結果や総評を日本語のレポートで知らせてくれるところもあります。

日本人駐在員の定期健康診断事情

タイやシンガポールといった近隣諸国に比べてベトナムの医療水準はまだ決して高くないため、駐在員の中には一時帰国の際に定期健康診断を受診する人がまだ一定数見受けられます。一方、ベトナムにも年々外資系の医療機関が増えており、現地の医療機関も通訳を雇用するなど外国人向けのサービスに力を入れてきて結果、言葉の壁なく受診できる医療機関の選択肢が増えてきています。

現地での健康診断を検討されている方は、複数の医療機関から見積もりを取り、価格だけでなく検査項目やレポートの言語、再検査の際のフォローアップなどさまざまな観点から受診機関を決めることをオススメします。病気の早期発見や早期治療のために、年に一度は定期健診を受けるようにしましょう。

労働許可取得時に要する健康診断について
ベトナムで働く外国人労働者にとって、もっとも身近な健康診断と言えば労働許可証取得時に必要となる健康診断でしょう。ベトナム政府から許認可を得た認定医療機関で受診する必要があり、医療機関によっては定期健康診断のオプションとして割引価格で証明書を発行してもらえるところもあるため、定期健康診断をベトナムで受けている人は併せて検討してみましょう。なお、当該健康診断を日本で受診することも可能ですが、受診後に翻訳や公証といった追加作業が発生するため、現地受診の方が比較的円滑でしょう。

ベトナム国内の病院・クリニックを探す

【2021年】ベトナムハノイ市内の病院まとめ9選 | 日本人にもオススメの日系から外資まで幅広くご紹介

【2021年】ベトナム・ホーチミン市の病院まとめ10選 | 日本人にもオススメ日系病院から外資クリニックまで幅広くご紹介

【ホーチミン】DYM Medical Centerが日本人医師による内科・外科・整形外科・呼吸器科の外来予約を開始!

カテゴリー