【大解剖】ベトナム登山の楽しみ方|Ta Lien山を登ってみた!

ベトナムでも山登りを楽しみたい!
そんな思いを持った山男&山ガールも少なくないのでは…!? 今回はベトナム北部ライチョウ省(Lai Châu)に悠然とそびえ立つホアンリエンソン山脈(Hoàng Liên Sơn)の一角を占める「Ta Lien山(Tả Liên Sơn)」に登ってみた。

旅の総評(カマタ基準)
大自然度★★★★★
体力消耗度★★★★★
美味しい度★★★★
行きやすさ★

ハノイからTa Lien山までの道のり

Schedule Day 1

金曜日 21:30 ハノイ市My Đìnhバスターミナルを出発
土曜日 朝5:00 ライチョウ省のバスターミナルに到着。山岳ガイドさんと合流
7:30 登山口に到着 登頂開始
11:00 川辺でランチタイム 標高2,100m
13:00 山小屋に到着 標高2,600m
15:30 「胡朝の城塞」に到着。周囲を散策。
17:00 夕食
19:00 就寝

持ち物

・着替え・水着・トレッキングシューズ・サンダル・ハンドタオル・小さめのバックパック・長い靴下・防寒具・防蚊剤・日焼け止めやサングラス・帽子・カメラ など

冬の朝夜には気温が1桁になるので(11月時点で8℃付近まで下がりました)、防寒具は必須。

日本に比べて、登山道があまり整備されていないので、トレッキングシューズや帽子は忘れることのないように。

また山小屋に用意されている布団は清潔であるとはいえないので、気になる方は寝袋も持参しよう。

街からバイクで30分ほどで登山口に到着。他チームも準備をしていた。

川辺でランチ。メニューはソイとリンゴとゆでたまご。

山小屋までの道中。朽ちた巨木でひと休み。

訪問地 ライチョウ省TaLien山について

目的地のライチョウ省(Lai Châu)は、ハノイの北西約400キロの中国国境沿いに位置する。

ホアンリエンソン山脈は、ライチョウ省・イエンバイ省・ラオカイ省の3省にまたがり、サパ観光で有名なベトナム最高峰、ファンシパーン山(Phan Xi Păng:3,143 m)も同山脈に属する。

今回の登頂のTaLien山(Tả Liên )は、ベトナムで6番目の高さ(2,996m)を誇り、春はシャクナゲ、秋は紅葉。そして冬の時期は雲海の出現率が高く、それ目的の登山者も多い。

頂上からは、四方の雄大な山々と棚田に囲まれた美しいライチャウの街を一望できる。

これがベトナムの山小屋。木製の枠組みに、ブルーシートを巻き付けた簡易的な建物。

中はこんな感じ。耐熱シートと布団、食器などが常備されている。

飲料水や料理には湧水を使用。大きな石は天然のまな板に!

暗がりの中で食べる夕食は意外にも豪華。

絶品!山ご飯

自ら、狩猟(小鳥)や採取(タケノコや芋)をした食材で作る山ごはんは絶品!
ここで少し、ベトナムで食べる山ご飯をご紹介いたします。

タケノコと鶏モツ炒め

現地調達の若いタケノコと鶏の炒め物。鶏は生きたまま山小屋まで運んできたもの。

現地調達のタケノコ

捌いてすぐに調理される。新鮮な鶏肉もさることながら、タケノコの甘さにびっくり! 鮮度抜群食材のコンビネーションはミシュラン級の一皿!

タケノコの甘さにびっくりの絶品料理!

玉子炒飯&豚肉の香草炒め

塩コショウと玉子でシンプルに味付けされた炒飯の上に、香草たっぷりのタレに付け込んだ豚肉を炒めて豪快にトッピングした一皿。

見映えはイマイチだけど、これがうまい! 登山メシといえば、レトルトやインスタント、缶詰を連想するが、とんでもない。思わぬハイクオリティーの山メシに感動!

シンプルだけどうまい!

焚火で炊いた白米

焚火に鍋をかけて炊いたごはんの美味しさに驚いた。おこげも最高! ベトナム米だけど、水(湧き水)と炊き方でこうもごはんの旨さが違うとは……。本当に旨い。おこげは香ばしい煎餅のよう。

焚火で炊いたメシはうまい!

鶏の丸焼き

鶏肉に刻んだにんにく・しょうが・たまねぎを詰め込み、下ごしらえは完了。焚火の弱火でじっくりと焼けば、美味しくないはずがない。

りんご

ライチョウ省産のリンゴ。小ぶりで見た目も悪いが、これがびっくりするほど甘い! どうやら生産量が少なくハノイには出回らないシロモノらしい。これは知る人ぞ知る「幻のリンゴ」発見かも!?

ガイドさんへ、特別インタビュー!


次に、今回登山ガイドをしていただいたザンさんへ、ベトナムの登山に関して、いくつか質問をしてみたいと思います。

ガイドさん略歴 ザン・アバオさん(31歳)ガイド歴4年

カマタ
ベトナム国内で「登山」はまだまだマイナーな趣味だと思いますが、なぜ山岳ガイドを始めたのですか?
ザンさん
気がつけば山岳ガイドになっていました(笑)

ベトナムで山登りが趣味として認知され始めたのは2015年頃と思います。その頃から急に山を案内してほしいという連絡が来るようになり、山岳ガイドをし始めたのがきっかけです。

カマタ
1年間でどれくらいの人を案内しますか?
ザンさん
昨年1年間で約550人の方を案内しました。最近はベトナム人だけでなく、欧米人の方も来ます。

日本人の木の研究者を案内したこともありますよ。

カマタ
今まで登山中にあったハプニングは?
ザンさん
あまり思いつきません。ベトナムの山中には危険な動物もいませんし……。

稀に女性の方で、自力で下山できなくなる方はいるので、その時はおぶって帰ります(笑)

カマタ
最後にオススメの山と登山の時期を教えてください。
ザンさん
オススメは今回のTaLien山です。難所も少なく、山小屋までの道のりも楽で、初心者でも楽しめます。

オススメの時期はしゃくなげの花が咲き誇る4月ですね!

シャクナゲの花

Schedule Day 2

早朝は雲海が見られるチャンス! 冬は出現率も高い。いざ山頂へ!

日曜日 朝 5:00 起床
5:30 朝食
6:30 山頂へ出発
9:00 山頂に到着 標高3,000m
11:30 昼食
12:30 下山を開始
16:30 タクシーで温泉へ
17:30 温泉に到着 旅の疲れを癒す
19:00 夕食
20:00 ライチョウのバス停から、ハノイ市My Đìnhバスターミナルへ
夜中 3:30 ハノイ市My Đìnhバスターミナルに到着

2800m付近。やっと山頂が見えてくる。

山頂が近づくにつれて、道はどんどん険しくなっていく。

ゴール! 山小屋から約3時間半。ようやく頂上にたどり着く。見よこの絶景! ハノイでは滅多に見ることのできない青空。これだけで疲れがフッ飛ぶ!

頂上のシンボル。突き抜ける青空が本当にキレイ。

下山中にタケノコ拾いをするタイ族の子供たちに遭遇。

美しいライチョウの景色。どこか日本の田舎を思い起こさせる。

旅の総括

カマタ
自信を持って「よい経験ができた!」と思える旅でした。

数えきれない絶景はもちろん、狩猟(小鳥)や採取(タケノコや芋)をしながらの登山はとても新鮮で日本ではなかなか味わうことのできない体験だと思います(狩猟・採取したものはすべて食材)。

今回は、金曜の夜ハノイ発、月曜の朝着のハードスケジュールでした。ぜひ、体力に自信のある方は訪れてみては、いかがでしょうか。

私は次回違う山にもチャレンジしてみようと思います。

〆の温泉 Vàng Bó hot spring

ライチョウ省には秘湯が多い。そんな噂を聞きつけ、登山後の疲れを癒すために向かったのが「Vàng Bó hot spring」。

日本の温泉地でも見かけそうな雰囲気だけど、温度は約36℃で日本人からするとやや低め。とはいえ、前夜、風呂なしの山小屋で泊まった私たちにとっては天国。

右の浴槽が入浴用、左の浴槽が洗体用でボディソープやシャンプーも自由に使用可能。レンタルタオルは1万VND。もちろん水着での入浴となる。また現在、この施設の隣に大きな温泉施設を建設予定(1月頃完成予定)とのことで、完成したあかつきには是非再訪したい。Ta Lien山からはタクシーで45分(片道30万VND程度)。

ハノイのアウトドアグッズ店紹介

最後に、今回の記事をみて、ぜひ自分も登山に挑戦してみたいと思った方へ、ハノイのアウトドアグッズ店をご紹介します!

みなさんもぜひ1回かぎりの人生で、ベトナムの登山を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ハノイ市内でもアウトドアギアを扱うお店はまだまだ珍しい。日本人街からも近い同店では寝袋やテント、アウトドアウェアーなどを取り扱っている。日本に比べて、格安なのも嬉しい。

日本より安いので、初めてでも揃えやすい

店名 Fanfan Outdoor Equipment Store
住所 73B Mai Hac De, Bui Thị Xuan, Hai Ba Trung, Ha Noi
電話番号 024-6662-7744(英語可)
営業時間 9:00~21:00

ベトナムの最新トピックを毎週配信中!
Addfriend