【保存版】飲食・美容・病院・学校 総まとめ!▶

ホーチミン市のレタントンヘムにお風呂!? 気になっていた「さいごんの湯」に Vetter編集部が潜入捜査!

ホーチミン市では誰しもが知る、レタントンヘムの日本人街。ヘムのメイン通りを歩くと、右側に「日本町 さいごんの湯」と書かれた、のれんが見えてきます。

「はたして温泉?それとも銭湯?」「オーナーは日本人なの?」などなど

前々から気になってはいたけど、まだ行ったことがない方は必見!

今回、Vetter編集部が、さいごんの湯を突撃調査いたしました!

本記事は、サイゴンの湯を運営されている日本人社長「石黒さん」に取材をさせていただきました。

石黒氏のご経歴について
並んで左側が、サイゴンの湯COO石黒氏

元々、日本で温泉やビジネスホテルなどを経営していた石黒氏(現在も営業中)。
日本へのインバウンド誘致や人材確保のために、ベトナムへは2年ほど前から訪れていた。
1年前にはビンタン区でベトナム料理店をオープンし、現在では1ヶ月の半分を日本、もう半分をベトナム滞在という形で、日本とベトナムの両拠点で仕事をしている。

さいごんの湯とは

和装の姿をした受付スタッフのチャムさん。

さいごんの湯は、今年2019年の9月25日、レタントンヘムの中にオープンしました。石黒氏が、レタントンに多く不動産を持つ親日オーナーさんと出会い、レタントンの日本流の銭湯を作り、さらに日本人街を盛り上げていきたいというところから、同店のオープンにつながったそうです。

営業時間と料金体系について

お風呂の営業時間は、午前10時~夜中の1時までとなります。

2階にある休憩処は、営業時間中も利用可能で、お風呂上がりにビールやお酒、おつまみなどを注文することができます。

営業時間・料金体系について
■通常料金
午前10時~午後16時 12万VND
午後16時~夜中1時 16万VND

■4階VIPルーム(貸切風呂)
2時間利用 50万VND
※事前にお電話にてご予約がオススメです。

■料金に含まれるサービス
・お風呂
・ドライサウナ
・スチームサウナ ※男性のみ
・バスタオル・タオル
・シャンプー・ボディソープ
・各種アメニティ(ヘアジェル・香水・ドライヤー等)
・全自動マッサージチェア

本記事の最後には、Vetter読者限定のプロモーションも!ぜひお見逃しなく。

さいごんの湯に潜入!

のれんと提灯が目立つ、レタントンヘムのさいごんの湯

それでは、早速中に入ってみたいと思います。

まずは受付で、お風呂の代金を支払います。ここで、バスタオルとタオルを受け取ってください。

階段で上に上がる前に、靴を脱ぐのをお忘れなく。

こちらのロッカーで靴をしまいます。

建物は、上へ4階までつながっていて、現在は、2階が休憩どころ、3階は男湯、今年12月から4階はVIPルーム(貸切風呂)となっています。

階段を上っていても、日本の旅館に来たような雰囲気が感じられます。

まずは、3階の男湯を潜入捜査します!

「男」と書かれたのれんをくぐります。

男湯を潜入

中に入ると、洗面台が登場。ドライヤー、化粧水、くし、歯ブラシ、香水、ワックスまで揃っていて、日本のメーカーのものがほとんどでした。

各種アメニティは日本のメーカーのものが充実。Gatsbyなど、日本のスタイリング剤もある

また、奥に行くと、マッサージチェアが2台登場。現在は、こちらの使用も無料となっています。

富士山の絵が飾られたスペースにマッサージチェアが2台

それでは、気になるお風呂に行ってみたいと思います!

浴室へ潜入!

湯気が立ち込める浴室。とてもレタントンにいるとは思えない空間

なんということでしょう!浴室は、笹の葉や木を基調とした内装となっていて、床や天井を含め、木の温かいぬくもりを感じる雰囲気となっています。

ベトナムではなかなか入れない湯船に浸かり、心も体も癒されます。
桶や天井なども木のぬくもりを感じられる浴室

洗い場でも、桶や風呂椅子も木でできており、日本の温泉旅館を思い出すような空間となっています。

シャンプーやボディソープも日本メーカーのものを中心に充実

体を洗い流したら、ついにお待ちかねのお風呂へ!贅沢なひとときがそこには待っています。

外国人のお客様も、ご覧の様子

また、スチームサウナと通常のサウナルームも完備しており、こちらも無料でご利用いただけます。

通常のサウナと、スチームサウナが利用できる(スチームサウナは男性のお風呂のみ)

ここはベトナムか?と思うほど、素敵な空間が、さいごんの湯にはありました。

それでも窓の外を覗くと、そこはしっかりとレタントン。

ただし、お酒を飲みすぎている場合の入浴にはご注意を。

備え付けのウォーターサーバーで水分補給をしっかりしてから、お風呂に入るようにしましょう。

みんなで気持ちよくご利用できるよう、心がけましょう。

お風呂上りは、浴衣バー(休憩処)でのビールが最高!

「浴衣バー」と書かれた休憩処の入り口。

続いて、体もきれいさっぱりになったあとは、2階の休憩処へ向かいましょう!

休憩どころは畳の上でゆっくりできるスペースと、お酒を飲めるカウンターが用意されている

こちらのスペースでは、食事や飲み物などを注文しながら、ゆっくりできるスペースとなっています。

生ビールはもちろん、コーヒーや枝豆、鶏の唐揚げなどの料理も注文ができます。

こちらのスペースでビールを楽しむのはもちろん、日本のテレビも見れる
お風呂や内装のこだわりについて
オーナーが日本温泉文化に詳しかったこともあり、外の見た目や中の内装は、日本のお風呂や温泉の雰囲気にかなりこだわったと語る石黒氏。

また、内装は日本人が担当し、木や畳、桜の木を用いるなどして、日本の銭湯と変わらないデザインが再現されています。

また、現在は、下記の店舗のメニューについても、休憩どころでお楽しみいただけます。

提携しているお店の料理メニューも出前注文できる
※今後、内容が変更される可能性もございます。

上記以外にも、とみだやさんのラーメンもご注文が可能です!

また、同じフロアの反対側には、仮眠できるスペースもあり、どうしても一休みしたいときや、横になりたいときに便利です。(1時間ご利用:50,000VND)

仮眠スペースも無料で使用できます。どうしても寝たいときに、この部屋はありがたい。

オススメの利用シーンと時間帯について

石黒さん、最後に、利用にオススメの時間帯を教えてください。

石黒氏
土日はたくさんのお客様が多く、一番利用しやすいのは、平日の10-16時の間でしょうか。平日の夜や、日曜日の夜の時間帯もオススメですね。

おかげさまで、男性のお客様のご利用が多く、日本人以外にも、欧米人や韓国人、ベトナム人など外国人の方にも多くご利用いただいております。

さいごんの湯では、バスタオルや浴槽タオルも無料貸出なので、手ぶらでのご利用が可能です。

オススメの利用シーンとしては、夕方に、夜の飲み会前や、お出かけ前などにサクッと入浴していくパターンや、日本への深夜フライト便の前に、入浴を済ませてから空港に向かうなどがオススメです。

特にご帰国前にご利用される方には、スーツケースなど大きな荷物も預かり可能なので、お気軽に立ち寄っていただきたいと考えております。

日本人以外にも、日本文化を楽しみたい外国人の方や欧米の方にも多く利用されている「さいごんの湯」。

年末年始のご帰国前の入浴や、夜の宴会前にサクッと入るのに、とても便利そうですね。

現在の料金体系は、下記の通り。

新しく改定された料金表。サービス内容に対し、全体の料金もかなり良心的
4階のVIPルーム(貸切風呂)について

また、今年12月に新設されたVIPルーム(貸切風呂)は、2時間50万VNDの価格でご利用が可能。

こちらは、女性の利用も可能で、お子さん連れでも荷物が少なく済み、家族連れにもオススメです。

男女問わず、複数人でのご利用できるので、気の合う仲間と湯船に浸かりたい場合は、ぜひ4階VIPルーム(貸切風呂)をご利用してみては、いかがでしょうか。

最後に、Vetter限定のプロモーションをご紹介!

Vetter限定プロモーション
本誌またはWebサイトの写真をスタッフにご提示すると、
期間限定で、通常料金から20%OFFになるキャンペーンも実施中!

◎10時から16時までの来店 通常12万VND⇒10万VND!
◎16時から翌1時までの来店 通常16万VND⇒13万VND!

※2019年12月15日時点のプロモーションとなります。現在の実施については、店舗にお問い合わせください。

ずっと気になっていたけど、実はなかなか行ったことがなかった。

あの「さいごんの湯」で、ぜひ一度、日本の温泉気分を味わってみてはいかがでしょうか。

石黒さん、チャムさん。本日は取材、ありがとうございました!

店舗情報

さいごんの湯 (Saigon Hot Spring)

住所 8A/1C1 Thai Van Lung St., Dist. 1
営業時間 10:00-翌1:00
電話番号 0845-948-222
メールアドレス saigonhotspring@gmail.com
SNS FB:/「saigon hot spring」で検索




ベトナム生活が楽しくなる情報を配信中!
Addfriend
Addfriend

カテゴリー