expo2022

ベトナム初!日本で好評のミュゼホワイトニング

コロナ感染も落ち着き、外出時はマスク生活とはいえ、食事やオンライン会議などで口元を見せる機会も増えたのではないだろうか。歯は白さ一つで印象が大きく変わる重要なパーツだ。加齢や生活習慣などにより歯は黄ばみやすくなり、歯を白く保つためには定期的なメンテナンスが必要になってくる。

ホーチミン市1区ベンタン市場から徒歩5分の好立地にある「ありが歯科」は、複数の日系幼稚園や小学校の歯科検診を担当し、日本人歯科医師と歯科衛生士常駐の日系総合歯科医院だ。同院では、ベトナムで唯一の「ミュゼホワイトニング」のホワイトニングサービスを提供している。

ミュゼホワイトニングとは

ミュゼホワイトニングは、歯を白くするだけでなく同時に歯を強化することもでき、自然な歯の白さを保つ効果がある。高い漂白作用を持つ「過酸化水素」と、着色を防ぐ「分割ポリリン酸」を使用した、安全性も高いホワイトニング方法だ。当医院では、日本で人気の美容脱毛サロンがプロデュースする「ミュゼホワイトニング」の指導の元、訓練されたスタッフが施術を行う。

従来のホワイトニングとの違い

ミュゼホワイトニングは3つのプランがある。歯科医院内で行う「オフィスホワイトニング」と自宅で行う「ホームホワイトニング」、両方行う「デュアルホワイトニング」の3種類だ。

オフィスホワイトニングの費用は、初回140万ドン(最大20本)。2回目以降は1本10万ドンからとなる。

従来のホワイトニングでは、過酸化水素で歯を白く漂白するため、歯が薬剤の影響で脱水状態になり、一時的な痛みや後戻りしやすく飲食制限があるデメリットがあった。ホーチミンのローカル歯科医院や日本での多くの歯科医院は、過酸化水素で歯を痛めやすいホワイトニングがほとんどだ。そのため、施術後に歯の痛みやトラブルになったりすることもある。

当医院のミュゼホワイトニングでは、歯を守りながらホワイトニングするため、痛みがでにくく、コーティングによって着色汚れによる後戻りを防ぎ、歯質も強化できるため虫歯予防にもなる。ホワイトニング後の飲食制限が全くないのもミュゼホワイトニングの特徴だ。

ホワイトニングには個人差がある


ホワイトニングといっても、歯質によってその効果は個人差がある。一般的に、自然な白さになるまでだいたい平均3~5回の通院が必要だ。芸能人のように真っ白にするには、通院とホームホワイトニングの併用するデュアルホワイトニングがおすすめだ。歯科医院にてホワイトニングする場合は、施術時間45分、カウンセリング込みで約1時間ほどで施術できる。

オールマイティな日系歯科医院ならここ

当医院では、ホワイトニングやクリーニングだけではなく、審美歯科やマウスピース矯正、こども矯正、インプラント、虫歯・歯周病予防と歯科のことなら子どもから大人まで何でもオールマイティに対応できるホーチミン市でも数少ない歯科医院だ。

一人ひとりにあわせてしっかりとカウンセリングをし、診療計画と費用が事前にわかる仕組みだ。治療しながらいくらかかるのか?など不安な点が一切なく明瞭会計で安心できる。また、日本人歯科医師や歯科衛生士だけではなく、ベトナム人スタッフも日本語を話すため意思疎通に困ることはない。

是非、歯のホワイトニングはもちろん、ホーチミンのかかりつけ歯科医院として一度訪れてみてほしい。

店舗基本情報

ミュゼホワイトニング×ありが歯科

住所 140 Ky Con St., Dist. 1, HCMC
営業時間 月〜金曜: 9:00-11:00 / 14:00-18:00
土曜: 9:00-11:00 / 13:00-16:00
定休日: 木曜午前、日曜
電話番号 090-418-6480(日本語専用)
WEB https://arigadc-wb.com.vn/

カテゴリー