保育園の送迎バスで幼児が置き去り、熱中症に / 2019-09−16

写真はCong Anから引用

 北部バクニン省で、保育園の送迎車に3歳児が置き去りにされるという事故が起こった。

 9月13日、この保育園を経営する男性T氏(43)が送迎車を運転して生徒らをピックアップした。車が保育園に到着後にT氏は担任教諭らに生徒を引き渡した。この時、送迎車の車内には3歳の男児1人が取り残されたが、T氏は気づかぬまま保育園の前に車を停めて降車した。

 同日午後3時45分ごろ、T氏は生徒の下校準備をしようと再び送迎車に戻ったところ、男児1人が車内であおむけに倒れていた。園側は男児を病院に救急搬送し、男児の父兄らに連絡したという。

 搬送先の病院はこの男児を熱中症と診断した。病院側によると男児は搬送時に意識を失い、医師らの呼びかけにも応じなかったが、9月16日の時点で回復に向かい1~2日以内に退院できる見込みだという。

引用元:Thanh Nien 9月16日/Cong An 9月16日


ベトナムの最新トピックを毎週配信中!
Addfriend