ハノイ旧市街で薬物の不正使用を大量摘発 / 2019-08-17

写真は(C) Lan Anhから引用

 8月15日午前1時15分ごろ、ハノイ旧市街の飲食店で公安当局が抜き打ち検査を行ったところ、数十人に麻薬の陽性反応を検出、麻薬のほかに拳銃なども押収した。

 この店はホンキエム区クア・ナム通りにあるバー「Hey Club」で、店内には従業員を含む212人がいた。当局が薬物検査を実施したところ、54人が陽性反応となり、そのうち13人は店の従業員だった。当局は合成麻薬20錠、MDMA(通称エクスタシー)約2グラム、拳銃1丁、銃弾5弾などを押収した。さらに麻薬の不正取引容疑で従業員の女(18)と麻薬の密売目的で来店していた18歳の男を、また23歳と24歳の男2人を麻薬所持・使用容疑で身柄を拘束した。

引用元:Thanh Nien 8月17日


ベトナムの最新トピックを毎週配信中!
Addfriend