【コロナ関連情報】HCM市、空港・駅での検体採取はじまる / 2020-04-05

写真は(C) HLから引用

ホーチミン市は、4月4日午後から新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として、新たに空港および駅で搭乗者や乗客に対する検体採取を開始した。

同市疾病対策センターによると、COVID-19の状況を把握するために、タンソンニャット空港および鉄道駅ではこれまでに、搭乗者や乗客を対象に健康状態の申告要請や
体温測定を行ってきた。

今後はこれらに加えて、COVID-19の検体の採取も実施する。

到着便の利用者が多い場合は、旅客を集団隔離した上で検体の採取を行う。
 
同日、 タンソンニャット空港の国際線ターミナルでは173人の検体を採取した。
 
タンソンニャット空港国内線ターミナルでは、1日当たり約400人の検体を採取する見込みだ。

引用元:Phap Luat 4月5日 [17:36]

※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。正確な情報は大使館やベトナム政府の公式発表で確認ください。

カテゴリー