【コロナ関連情報】予防薬のデマ情報に注意 / 2020-03-23

写真はSai Gon Giai Phongから引用

インターネットの書き込みなどで「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の予防にマラリア治療薬が効く」といったデマが流布し、マラリア治療薬の購入者が増加し価格
が上昇している。

これを受け、保健省医薬品管理局は3月23日、緊急公文書No. 2768/QLD-GTを公布し、各省・市の保健局に対し薬局の検査・管理を強化するように要請した。
 
クロロキンやヒドロキシクロロキンを含有するマラリア治療薬などの医薬品は処方箋薬となる。

急性マラリアなどの予防または治療、またはリウマチ性関節炎・エリテマトーデス・光アレルギー反応(光線過敏症)の治療に使われ、医師の観察・指示などを受ける場合のみ服用できる。

保健省はこれらの医薬品をCOVID-19の治療薬として承認していないため、COVID-19の治療・予防目的での購入・保管・使用は厳禁となる。
 
クロロキンやヒドロキシクロロキンを含有の医薬品については、薬局は、規定に基づく処方箋を提示された場合のみ販売できる。
 
バックマイ病院の中毒事故管理センターでは、ハノイ在住の44歳の男性がCOVID-19の予防目的でマラリア治療薬を15錠服用し、激しい嘔吐や目のかすみ、呼吸(器)不全などを発症、一時危険な状態となった。

男性はすぐに救急車で病院に運ばれ手当てを受けて回復したという。

引用元:Phu Nu 3月23日/Sai Gon Giai Phong 3月23日 [17:51]

※本記事はソースの翻訳情報のため、内容が変更される場合もあります。正確な情報は大使館やベトナム政府の公式発表で確認ください。


ベトナムの最新トピックを毎週配信中!
Addfriend