【保存版】飲食・美容・病院・学校 総まとめ!▶

【海外旅行】ベトナムで海外旅行保険に入るメリットとは?保険の内容や加入方法について解説


国外滞在中は予想もしなかったアクシデントに見舞われがちです。海外旅行保険には、必ず加入しましょう。特に、病院でキャッシュレス診療が受けられるのは、非常に心強いものです。

◯どんなメリットがあるか

海外旅行保険に入ることの、いちばん見えやすいメリットは、「病院での診療がキャッシュレスで受けられる」ことでしょう。受診時には保険証を提示する必要があります。コピーをとって、常時携行しておくといいでしょう。
 
医療機関によっては、現金払いを求められるところもありますが、加入している保険会社と提携していれば、支払った金額の実費が還付してもらえます。重症のけがや重篤な疾病だと、ベトナム国内の医療機関では対応できず、近隣諸国や日本に緊急搬送される場合があります。保険に入っていないと、非常に高額な請求を受けることになります。

ベトナムは緊急医療態勢が未整備なので要注意
119番さえ呼べば、どこでも救急車が来てくれる日本と違い、ベトナムでは救急車というシステムがほとんど機能していません。事故にあったら、最寄りの病院を探して電話をかけ、車を出してもらうか、タクシーで病院まで行くことが必要です。
海外旅行保険に入っているからといって安心せず、緊急時の対応方法は普段から家族とよく話し合っておくことが欠かせません。

◯海外旅行保険の内容

海外旅行保険」といっても、駐在・就労で海外に滞在する場合も適用されます。契約期間が2年という長期タイプもあります。駐在員を対象に、補償内容に特徴を持たせた保険を「海外駐在保険」などの名称で販売している保険会社もあります。
 
駐在する場合は、旅行と違い、住居内の家財や身の回り品も補償の対象になっている保険を選びます。同行する家族が加入する場合の補償内容も確認しておきましょう。海外旅行保険がついているクレジットカードがあります。ただし補償の範囲や条件に制限がつく場合が多く、別途、保険に加入しておいたほうが安心です。

日本の健康保険
日本の健康保険を持ったまま赴任していると、ベトナムで医療行為を受けるのにかかった費用は、日本帰国後に戻ってくる場合があります。日本で治療を受けた場合にかかる費用が算定基準になるほか、治療内容によっては自己負担割合が高くなることもあります。健康保険については「住民票・健康保険・年金」のページも参照のことです。

◯保険への加入方法

「海外旅行保険」といっても、駐在・就労で海外に滞在する場合も適用されます。契約期間が2年という長期タイプもあります。駐在員を対象に、補償内容に特徴を持たせた保険を「海外駐在保険」などの名称で販売している保険会社もあります。
 
駐在する場合は、旅行と違い、住居内の家財や身の回り品も補償の対象になっている保険を選びます。同行する家族が加入する場合の補償内容も確認しておきましょう。海外旅行保険がついているクレジットカードがあります。ただし補償の範囲や条件に制限がつく場合が多く、別途、保険に加入しておいたほうが安心です。

◯保険への加入方法

駐在員はもちろん、現地採用者も、雇用者が保険をかけてくれるのが一般的です。現地採用の場合、試用期間中の保険の扱いがどうなるか、会社側に確認しておきましょう。雇用者側の補償内容が足りない場合は、自分で費用を負担して追加加入します。日本を出る時に加入しておくのが理想的ですが、ベトナムで加入できる保険もあります。


ベトナム生活が楽しくなる情報を配信中!

カテゴリー