JCCH 懇親ゴルフ大会2019開催!日本人アマチュアゴルファー303名が集結!

日本人アマチュアゴルファー303名が集結!

 「ホーチミン日本商工会議所」が主催する「第36回JCCH懇親ゴルフコンペ大会」が9月15日に開催された。今年も303名の日本人アマチュアゴルファーが集結。初心者から百戦錬磨のツワモノまで、豪華賞品を賭けて白熱したプレーを展開。ゲーム後の結果発表を兼ねた懇親会では、プレーヤーたちが親交を深める交流の場として今年も大いに盛り上がった。

ゴルフを通じて日本人同士の交流を深める機会に

 「JCCH懇親ゴルフ大会」が、9月15日にタンソンニャット・ゴルフクラブで開催された。まだ夜が明けきらぬ早朝4時50分、今年度の参加者、総勢303名の日本人アマチュアゴルファーが続々と集結。到着順に各自が受付を済ませた後に、クラブハウス内の会場で全員そろってのにぎやかな朝食タイムとなった。

 初参加でやや緊張気味の初心者ゴルファー、大会を心待ちにしていたベテラン選手、久しぶりの再会でお互いの近況報告をしあうプレーヤー。会場はそれぞれの思惑を胸に和気あいあいとした空気に包まれた。その後、粟野スポーツ・文化委員長からの開会のあいさつ、さらに昨年と同様、司会進行を務める小野瀬副委員長(Ernst & Youngベトナム)よりルール説明が行われた。午前6時に毎年恒例のクラブハウス前に全員そろっての記念撮影をした後に、組分けされた参加者たちがそれぞれのスタートホールへ。そして6時20分にサイレンの号砲が全コースに鳴り響くと同時にプレーがスタート!

「ナイスショット!」和やかな雰囲気の中で白熱したプレーが続いた

 ルールは昨年度と同様、全4コースを使用した18ホールのストロークプレー、ダブルリペア方式で順位が決定。各ロングホールにはドラコン賞、各ショートホールにはニアピン賞とホールインワン賞を設定。昨年同様に参加者が300名を越えるため遅延が心配されたが、終了予定時刻にはすべてのプレーヤーがホールアウト。早朝は小雨模様で、天気が心配されたが、幸運にもプレー中は雨に降られることなく熱戦を繰り広げ、お昼くらいには無事に大会が終了。

全員に渡された豪華な参加賞を含め、その他にも多数の企業からの協賛があった。

 プレー終了後は各自がシャワーと着替えを済ませて、パーティー会場に集まって懇親会が開かれた。クラブハウス内の大広間にはモニターが設置され、参加者たちの当日のプレー風景が映し出され、会場内の各テーブルから笑いが溢れた。例年通り本大会は、ベトナムで活躍する日本人ビジネスマン300名以上が、一堂に会するめったにない機会でもある。会場内は楽しいうたげとともに日本人同士の貴重な交流の場となった。

入賞者そろっての記念撮影、場内からの拍手と冷やかしの声に照れるプレーヤー

本大会結果
【ADコース入賞者(ネット)】
優勝 溝渕 順也 グロス92/ネット71.6
2位 島崎 順二 グロス90/ネット72
3位 藤井 義士 グロス76/ネット72.4

【BCコース(ネット)】
優勝 田中 健太郎 グロス90/ネット70.8
2位 吉川 毅 グロス93/ネット72.6
3位 中嶋 亮太 グロス91/ネット73

【ADコース入賞者(グロス)】
優勝 藤井 義士 グロス76/ネット72.4
2位 中根 弘 グロス80/ネット77.6
3位 信澤 憲吾 グロス81/ネット76.2

【BCコース(グロス)】
優勝 逆井 一英 グロス89/ネット77
2位 中澤 一夫 グロス90/ネット78
3位 羽柴 芳喜 グロス90/ネット76.8

日本人ビジネスマン300人以上が大集結!


ベトナムの最新トピックを毎週配信中!
Addfriend