【申し込みはこちら】ベトナム北部ゴルフコンペ開催|2021年7月3日(土)-4日(日)

ベトナムで食事をするときのコツとは?マナーや文化の違いを解説


ベトナム料理をはじめ都市部で味わえる各国の料理や、国内に約1,000軒もの店がある日本食など、ベトナムではさまざまな料理を楽しめます。食事の場面でのマナーや文化も確認しておきましょう。

◯テーブル会計が基本

ベトナムでは基本的にテーブルでの支払いとなります。お会計をお願いし、支払い後に席を立つようにしましょう。

◯全国各地の料理を楽しみましょう

王道の料理だけでなく、各地方の名物料理にも挑戦してみましょう。たとえば、北部の焼き肉つけ麺「ブンチャー」や中部ホイアンの名物「カオラウ」、南部の「バインセオ」などです。

日本と異なる食事マナー
丼ものやラーメンなどを食べるとき、日本では丼に口をつけてスープを飲むことは問題ないが、ベトナムでは男性であっても好ましくないので、スープを飲むときは、必ずスプーンを使うようにしよう。麺をすする行為も、ベトナムでは行儀が悪いとされています。同じ箸を使う国ではあるが、箸のマナーにも違いがあります。

料理を取り分ける際に、箸の反対側を使う点は同じだが、日本では一般的にタブーの「渡し箸」や「刺し箸」などは問題ありません。骨を拾う動作を連想させることから日本ではタブーの「箸渡し」も、ベトナムでは問題ありません。ベトナム人から手伝ってと求められることがあるので、応じてあげましょう。

レストランの基本のテーブルセッティングとして、皿の上に茶わんの乗った状態をよく目にするが、この皿はあくまでもソーサーとして使います。皿が足りなくなったときには使っても問題ないが、通常は貝殻や骨などを置く受け皿として使いましょう。

◯ドレスコードはない

高級店を含む大半のお店で、ドレスコードがありません。ただし、男性の短パンはごく一部のお店で入店NGになることがあるので要注意です。

◯分煙が進んでいる


ホテルやレストラン、公共施設など街のあちこちで分煙が進んできています。完全禁煙のレストランなども少なからずあるので、事前に店員さんに確認した方がよさそうです。

◯ブラックコーヒーは砂糖入り

ベトナムで「ブラックコーヒー」(Ca phe den)を注文すると、砂糖入りで出てくるのが普通です。もし、砂糖抜きを飲みたいときにはさらに一言「khong duong」と添えましょう。

ビールが安い
ビール消費大国であるベトナムには、ハノイの「ビア・ハノイ」、ホーチミンの「ビア・サイゴン」、ダナンの「ビア・ラルー」など各地にご当地ビールがあり、どれも手頃で飲みやすい味です。ビール以外には、ダラット産のワインや、フエで作られている日本酒、日本のビールも販売されています。

◯おしぼりは有料

 
レストランで出されるおしぼりは基本的に有料なので、請求されてもあわてないようにしましょう。1つ2,000VND程度でお会計に追加されています。

◯食べ残しは持ち帰り可能

食べきれずに料理を残してしまったとき、お店の人に頼んで持ち帰ることができます。パックなどの追加料金は不要です。

カテゴリー