トラブルが起きたら

ベトナムは、銃器類の所持が認められておらず、また治安が安定していることから、比較的安全な国と言えます。しかし、事件・事故に巻き込まれる方が後を絶たないのも事実です。対応策を確認しておきましょう。


●悪質タクシー
わざと遠回りをする、メーターを使わない、メーターの上がり方が異常に早いなどのケースがあります。タクシーの車内にある車両ナンバーと運転手名を控えておき、タクシー会社に連絡をするようにしましょう。悪質な場合は警察に通報します。


●交通事故
ベトナムでは年々、自動車・バイク共に車両数が増えています。一方で、交通ルールが遵守されているとは言えず、補償制度も整っていません。怪我の程度が重篤だと、ベトナム国内の病院では対応できず、国外に緊急搬送される場合があります。海外旅行保険には必ず加入しておきましょう。


●引ったくり
町中を移動中に多いのがひったくり被害です。特に近年、スマートフォンやタブレットを使っている最中に、ひったくられるケースが増えています。往来で使用する際には注意しましょう。電話のキャリアに連絡すれば、電話番号をすぐに使用停止にし、同じ電話番号のSIM を再発行してくれます。


●パスポート紛失
万が一、パスポートを紛失した場合は、まず警察に行き盗難証明書を作ってもらいます。その他の必要書類を用意し、大使館または領事館で再取得の手続きをします。新パスポート発給までの所要日数は3 業務日。詳しくは大使館または領事館のウェブサイトをご覧ください。


●緊急時の連絡先
1.警察:113
2.消防:114
3.救急:115
いずれも全国共通番号。ただし、ほとんどの場合、ベトナム語のみの対応になります。
4.ハノイ市警察  :04-3939-6777
5.ホーチミン市警察:08-3838-7100
上記2 つは「英語可」となっていますが、対応職員が英語を話せるとは限りませんので、ご注意ください。

Related Vietnam Basic Info

ベトナム在住日本人は、 どんな生活をしているのか!? Case 1 Aさん(20 代男性) 駐在員・単身赴任 ◆プロフィール 役職    :マ
ベトナム特有のタブーとマナー ベトナムでは、宗教上のタブーなど非常に緩く、ほとんど気にせずに生活することができます。食事に関しても
友だちを増やす 国外だからこそ人間関係が大切。仕事上の人脈を増やすのはもちろん、私生活でも、友達を増やすことで、ベト