ベトナム特有のタブーとマナー

ベトナムでは、宗教上のタブーなど非常に緩く、ほとんど気にせずに生活することができます。食事に関しても、基本的に制限はありません。とは言っても、日本と異なる点もありますので、主なものをいくつか紹介しましょう。


●食事のマナーあれこれ
丼に口をつけてスープを飲むのは、ベトナムでは「行儀がよくない」とされます。ベトナムの人たちは、スプーンを使って飲んでいます。庶民的なお店だと、食事の前にはスプーンやお箸などを、ティッシュで拭くのが一般的です。お店で出されるウェットティッシュは、有料の場合が多いので、請求されても慌てないようにしましょう。


●意外とレディファースト
都市部を中心に、レディファーストが普及しています。タクシーやエレベーターの乗り降りでは女性を優先、重たい荷物を持っている女性を見たら手伝ってあげるなど。これは、かつての宗主国・フランスの影響もあると言われています。


●敬老の精神が根強い
儒教の影響が根強いベトナムでは、敬老の精神が日本よりも強いと言えるでしょう。食事をするときには、目上の人に料理をすすめる、公共交通機関では老人に席を譲るなど、自然に行われています。


●贈り物をする際に避けるもの
ハンカチを意味するベトナム語khan が、「困難」を意味するkhan と同じ発音なので、嫌がられます。渡された人は、贈ってくれた人にお金を渡し「買った」ことにする場合も。また男女の間でハンカチを贈るのは「別れよう」の意味になります。鏡も「割れる」に通じることから避けられます。


●縁起のいい数字は9
ベトナムにも「縁起のいい数字・悪い数字」があります。
いちばん好まれる数字は「9」。「8」は商売人に歓迎される番号です。逆にもっとも嫌われるのは「3」。「13」という数字への抵抗感は日本より強く、「13 階」を避けて、「12A 階」「12B 階」と12 階を2 つ作っているビルもあるほど。

※これらに加えて、ベトナム正月のテトには、この時期特有の習慣がありますので、「国の概要・年中行事」の項をご参照ください。

Related Vietnam Basic Info

旅行を楽しむ・国内編 ベトナム国内には8つの世界遺産があるのを筆頭に、ビーチや高原のリゾートなど、魅力的な旅行先がたくさん
翻訳・通訳を頼む ベトナムで生活をしたり、事業をしたりしていると、ベトナム語から日本語、逆に日本語からベトナム語への翻
バイクを買う&売る ベトナム生活に慣れてきたら、移動手段としてバイクの購入を考える人もいるでしょう。バイクを持っていると
ベトナムへの引っ越し 国外への引っ越しでは、日本の場合以上に、「スケジュールを立てる」ことが重要になります。特に通関という