一時帰国のお土産選び

日本への一時帰国のときに頭を悩ませるのが、家族や友人へのお土産。年に数回行き来する場合、品物より食べ物が人気のようです。在住者から、何をお土産にしているのか、意見を集めてみました。

●たまに帰国すると、友人たちが集まってくれるので、お土産も大量に必要です。だからコスパ重視で、1袋4,000VND のインスタント・フォーをまとめ買いしています。もっとも本場で食べる味には及ばないのが残念ですが。(ハノイ/女性/ 30 代)

●お酒の好きな友人には、ベトナム焼酎のルアネップ、ルアモイが好評でした。(ハノイ/男性/ 30 代)

●私は毎回、ベトナムのコーヒー豆(ロブスタ)と、ジャスミン茶に決めています。どちらも100g 入りで、それぞれ20 袋ずつ買います。いつも同じだと「手抜きだと思われるかなあ」と心配していたのですが、逆に「これ、楽しみに待っていたんですよ」と言ってもらえることのほうが多いです。(ホーチミン/男性/ 50 代)

●少数民族のカラフルな雑貨。バラマ
キに使える1個200 円くらいの小物から、お世話になった人用の1個数千円のバッグまであるので、帰国前に専門店に行って一気に買います。(ホーチミン/女性/ 20 代)

●生の果物を持って帰りたいところですが、それは禁止。なのでドライフルーツのチップスを買って帰ります。私の周りではジャックフルーツがいちばん人気。最近、品揃えが増えてきたので、いろんな種類を取り混ぜて買っています。(ハノイ/女性/ 20 代)

●一目見て「ベトナム」と分かるものにしたいので、ノンラーやアオザイ女性をかたどったクッキーやチョコレートにしています。中心部のスーパーで売っていますよ。(30 代/ホーチミン/男性)

●年老いた両親には、ツバメの巣かローヤルゼリーをお土産にしています。(ハノイ/女性/ 50 代)

●料理好きの友人からは、必ず「ヌックマムを買って来て欲しい」と頼まれます。割れないように、タオルでぐるぐる巻にしてスーツケースに入れています。最近は、日本で人気のココナッツオイルも頼まれます。(ホーチミン/女性/ 40 代)

Related Vietnam Basic Info

医療事情 国外で生活をするときに、いちばん心配なことの一つが医療事情。ベトナムの医療技術は、日本に比べて見劣り