車を借りる

ベトナムで「車を借りる」という場合、日本とは違い「運転手付きの車をチャーターする」ことになります。日本に比べると料金が安いので活用しましょう。車両は多種多様で、社員の通勤などに月ぎめ契約することもできます。


●業者と車の借り方
車をチャーターするには、

(1)専門の会社に頼む
(2)旅行会社に頼む
(3)タクシー会社に頼む

という3 つの選択肢があります。

以下にあげている料金は、日系の業者に頼んだ場合の一例ですが、料金は、車種や移動距離、時間帯によって変動しますので、事前に見積をお願いしましょう。料金には通常、運転手、ガソリン代、自動車保険の代金が含まれています。

泊まりがけで利用する場合、運転手の宿泊料は別途支払となります。宿泊場所の手配は必要ありません。
運転手はベトナム語しか話せない場合がほとんどです。


●専門の会社
半日程度のスポット利用から、年間契約まで、いろんな契約形態に対応してくれます。


◆ 7 席タイプの一例
半日(4 時間)利用:$60
1 日(8 時間)利用 :$75
1 ヵ月利用    :$1,250


●旅行会社
半日〜1 日の利用が中心です。出張者が1 日で多数の会社や工場などを見て回る際に便利でしょう。日系の旅行会社に依頼すると、基本的に日本語ガイドが同行してくれます。空港への送迎、ゴルフ場への送迎などにも対応可能です。
半日(4 時間)利用:$40
1 日(8 時間)利用:$100


●タクシー会社
終日利用したい場合や、郊外の工業団地など遠隔地を周りたいときなどは、メーターで料金を払うのではなく、終日貸し切りにしたほうが安くなります。金額は運転手と直接交渉しましょう。


●上手に利用するために
スポット利用の場合、1 日につき10万VND 程度のチップを払ってあげると喜ばれます。見積もりが安い会社の場合は、自動車保険に入っているかどうか、確認しましょう。

Related Vietnam Basic Info

出張する ベトナムで働いていると、ハノイ・ホーチミン間を出張する機会は多く、「毎週往復している」という人もいる
市内の移動手段 ベトナムでは都市鉄道がなく、タクシーの利用が一般的です。バイクタクシーと路線バスは、値段の安さが魅力
書類や荷物を送る 郵便物や荷物を送る場合、送り先は国内なのか、国外なのか、速度重視なのか、コスト重視なのかなど、その内
銀行口座を開く 会社を設立したときは、法人口座の開設が必須です。インターネットバンキングサービスもあります。個人口座