ペットと暮らす

ペットも大切な家族の一員。ベトナムに赴任する際も、連れて行きたいもの。基本的に帯同は可能です。ベトナムへの入国時および日本への帰国時にどんな書類が必
要か、確認しておきましょう。


●持ち込みに必要な手続きを確認
必要な手続きに関しては、日本の動物検疫所のウェブサイトに詳しい説明があります。
http://www.maff.go.jp/aqs/index.html

ここでは、ベトナムに関する情報を中心に、ポイントを説明します。


●ベトナムに持ち込む際
ベトナムへペットを連れて行く場合、いちばん重要なのは「輸出検疫証明書」を取得しておくことです。
狂犬病の予防接種はベトナム入国の1 ヵ月以上〜 1 年以内に受けていることが、ベトナム側の法律により定められています。

ベトナム入国の際にマイクロチップは不要ですが、日本帰国の際にはマイクロチップの装着が必要です。日本にいる間に装着しておきましょう。

ベトナムから日本に帰国する際に必要となる「狂犬病抗体価検査証明書」は、ベトナムでは入手できません。日本にいる間に検査・入手しておくことが必要です。なお同証明書の有効期限は2 年間です。ベトナムに入国する際、空港で動物検疫官から発行される「輸入検疫証明書」はベトナムを出国される際に必要になります。なくさないように大切に保管ください。

ベトナムのアパートはペット不可の場合が多いので、この点も注意が必要です。


●日本に持ち帰る際
日本に持ち込む際は、以下の8 つのステップがあります。

1.マイクロチップの埋め込み(個体識別)
2.狂犬病予防注射(2 回以上)
3.狂犬病抗体検査
4.輸出前待機(180 日間以上)
5.事前届出(到着日の40 日前まで)
6.輸出前検査
7.ベトナム側の証明書の取得
8.日本到着後の輸入検査

無事、日本へ入国したら、輸入後 30 日以内に、「輸入検疫証明書」を住まいのある市町村窓口へ持参し、登録手続を行います。

在ベトナム日本国大使館の以下のページもご参照ください。
http://www.vn.emb-japan.go.jp/jp/consulate/jp_inu_neko.html

Related Vietnam Basic Info

医療事情 国外で生活をするときに、いちばん心配なことの一つが医療事情。ベトナムの医療技術は、日本に比べて見劣り
翻訳・通訳を頼む ベトナムで生活をしたり、事業をしたりしていると、ベトナム語から日本語、逆に日本語からベトナム語への翻
帰国後の学校 日本に帰国したときに、お子さんがスムーズに日本で勉学が続けられるよう、準備をしておきましょう。ベトナ