オフィスを借りる

オフィスを探す前に、まずは自社の中長期の計画を考えて、どのタイプのオフィスにするのかを検討しましょう。日本とは異なる商習慣がありますので、専門の
仲介業者に物件探しから契約まで手伝ってもらうのが安全です。


●オフィスの種類
ベトナムで事務所を構える場合、おおむね以下の選択肢があります。

(1)オフィスビル
もっとも一般的な選択肢です。ハノイ、ホーチミンではオフィスビルが多数あり、A、B、C の3 ランクに分類されています。C ランクが$15 〜/㎡、A ランクで〜$50 /㎡が目安になります。家具類はついていないので、入居者が用意します。

(2)一軒家
レストランなど商業物件として利用する場合だけでなく、一軒家をオフィスにする会社もあります。雰囲気はいいのですが、改装する場合、オフィスビルに比べ高くなる場合が多いのに加え、発電機や警備員を自社で用意する必要があります。

(3)レンタルオフィス
机や椅子、棚などが既に備わっている物件です。同じ物件に入居している会社が共有する受付、会議室、喫茶スペースやOA 機器類があります。オフィスビルを借りるのに比べると、家賃は割高になります。共有のデスクスペースを登録し、必要なときだけ時間借りできるところもあります。進出準備などのために、定期的に来越する出張者にも便利です。

(4)バーチャルオフィス
「オフィスは必要ないが、会社の登記をするために住所が必要」というときに利用します。郵便物の受け取りなどにも対応可。1 つのオフィスに、数十社の会社が登記し、看板を出している大手業者もあります。バーチャルオフィスの中には、ビジネスセンターを兼ねているところもあります。


●オフィスを選ぶ際の注意点
(1)最近は頻度が低くなりましたが、今でも停電が発生します。借りたい物件が自家発電装置を持っているかどうかを確認しましょう。

(2)その物件で会社の登記ができるかどうかを確認しましょう。オフィスビルでも、外資系企業は登記ができない物件があるので要注意です。レッドインボイスが出せるかどうかも、念のため確認しておくと安心です。

(3)週末や時間外の利用が制限されているビジネスセンターやオフィスビルがあります。使用できる場合も、規定の時間外のエアコンが有料の場合、事前に申告が必要な場合もあります。確認しておきましょう。

(4)バイク通勤の比率が高いベトナムでは、十分な駐輪スペースがあるかどうかも、重要なポイントです。

(5)入居前に内装を行う場合、どこまでの範囲を借り主が負担するのか、退去時に現状復帰の必要があるのかなど、契約書に明記しておきましょう。

(6)鍵は付け替えてもらいましょう。最近は指紋認証の電子錠を備えているところもあります。


●エリアごとの特徴①ハノイ
ハノイではホアンキエム湖周辺のホアンキエム区、その南方に位置するハイバーチュン区が中心部になります。賃貸価格もいちばん高い地域です。
次の選択肢としては、市街西部に位置するキムマー通り周辺があります。日本大使館に近く、日本料理店もたくさんあります。
都市開発が進んでいる市街南西部のコウザイ区、トゥーリエム区は、交通は不便ですが、比較的賃料が安いので、打ち合わせなどの必要が少ない業種に
向いています。


●エリアごとの特徴②ホーチミン
ホーチミンはハノイに比べ、すべての機能が1 区に集中している傾向があります。そのため、オフィスも1 区を選ぶ企業が多く、賃料は高めになります。ただしグエンフエ通り周辺などの中心部を外れると、手頃な価格の物件が見つかるでしょう。

1 区と隣接している3 区も人気のエリアです。徐々に中心部が拡大しており、ビンタイン区、フーニュアン区、または新都市の7 区に事務所を置く会社も増えています。


●貸し会議室
外部の人を招いてセミナーなどを開催したいときには、貸し会議室を利用すると便利です。レンタルオフィスやバーチャルオフィスの中には1 時間単位で部屋貸しをしてくれるところがあります。ただし週末は休みの所が多いです。

少し豪華にしたい場合は、ホテルの催事場を借りるという選択肢があります。中級(3 つ星)以上のホテルであれば、たいてい対応可能です。またレストランやカフェの個室を利用するという方法もあります。飲食代を払えば場所代はかからない場合が多いので費用を抑えることができます。


●オフィス物件の探し方
日系の不動産仲介業者が多数営業していますので、まずは相談してみましょう。物件探しだけなら基本的に無料で対応してくれます。契約が成立したときに仲介手数料が必要な会社と、仲介手数料無料の会社があります。

「Van phong cho thue」(貸し事務所)という看板を出しているビルを見つけたら、自分で直接交渉することも可能です。その場合、契約時および入居後に問題が発生したときの交渉など、すべて自分でやることになり大変です。少なくとも最初は専門の仲介業者に頼むのがいいでしょう。

Related Vietnam Basic Info

旅行を楽しむ・国外編 ベトナムの近隣にも魅力的な旅行先がたくさんあります。またLCC の発達により、手軽に行けるようになり
日本人幼稚園 ハノイ、ホーチミン共に、複数の日本人向けの幼稚園があります。それぞれ教育方針、設備などには違いがあり
インターネットに接続する ベトナムにもADSL、光ファイバーが入っており、専用線を引いている会社もあります。速度は遅いものの、