日本料理

ベトナムで日本料理の人気は年々上昇しており、日本料理レストランの数も急速に増えています。
ハノイとホーチミンを合わせると、その数は800軒を超えると言われ、その種類も年々豊富になってきています。
そんなベトナムにおける日本料理事情を紹介しましょう。


●進む専門店化
日本料理店がまだ数十店しかなかった頃は、カレーライスから刺し身、天ぷらまで、日本食ならなんでも食べられる、「百貨店」のようなお店が主流でした。その後、日本料理店が増えるに従い、「ラーメン専門店」「焼肉専門店」など、何か特徴を持った「専門店」タイプのお店が多くなっています。日本の飲食チェーンも出店しており、食事に関して、それほど不自由することはないでしょう。


●ランチが5万VNDのお店も
日本料理店が増えるに従って、その価格帯も幅広くなってきました。お昼の定食であれば5万VND程度で食べられる庶民的なお店もあります。一方で、一食が200万VNDくらいする超高級店もあり、目的に応じて使い分けることが可能です。中心部にある日本食レストランだと、昼食は大体15万VNDから20万VNDくらい、夕食の場合で30万VNDから50万VNDくらいが目安となるでしょう。


●寿司の屋台
数年前から目立つようになってきたのが、寿司の屋台です。人気が出てきて客席数が100を越え、屋台というより、「路上を使ったオープンエアレストラン」と言ったほうがいいようなお店まであるほどです。


●抹茶スイーツが大人気
抹茶味のスイーツは国外で大人気ですが、ここベトナムでも近年、その人気は非常に高くなっています。抹茶スイーツの専門店もあり、飲む抹茶、抹茶ソフトなど、いろんな抹茶スイーツが食べられます。


●ベトナム人経営の店が約半分
日本料理店と言っても、その約半数はベトナム人の経営だと見られています。また日本人経営のお店でも、お客さんの主流はベトナム人というところが少なくありません。ベトナム人が多いお店では、お寿司を食べる時に、わさび醤油だけでなく、ベトナムの人たちの嗜好に合わせて、ヌックマム(魚醤)と赤唐辛子を用意しているところもあります。

Related Vietnam Basic Info

日本人幼稚園 ハノイ、ホーチミン共に、複数の日本人向けの幼稚園があります。それぞれ教育方針、設備などには違いがあり
日本への引っ越し ベトナムから日本へ引っ越しをする際、基本的にやることは共通しており、やはり通関手続きも存在します。ベ
日本語ウェブサイト ビジネスや生活に有益な情報が得られる日本語サイトがたくさんあります。ここでは、基本的に業務として運営