インターネットに接続する

ベトナムにもADSL、光ファイバーが入っており、専用線を引いている会社もあります。速度は遅いものの、インターネットへの接続環境は、普段生活する分には、支
障がないと言えるでしょう。


●プロバイダ
ベトナムには以下3 つの大手プロバイダがあります。

・FPT
・Viettel
・VNPT

これらのいずれかで加入契約手続きをします。料金は、さまざまなプランがあり、かつ変更も多いので、それぞれの営業所で最新の資料をもらい、比較検討しましょう。
日本に比べるとインターネットに関するトラブルが多いので、サービス窓口が24 時間対応してくれるかどうかなども、確認しておきましょう。


●個人で契約する場合
サービスアパートはもちろん、ミニホテルでもインターネットは既に設置してあることがほとんどです。家賃にインターネット料金が含まれているかどうかを確認しましょう。
自分で契約をする場合、ビザまたは滞在許可証を持って、プロバイダの営業所に行き、手続きをします。設置までの期間は早ければ1 週間程度ですが、数週間かかることもあります。月額使用料は、営業所で直接支払いをする方法以外に、郵便局やコンビニ、インターネットバンキングでも支払えます。


●法人で契約する場合
法人で契約する場合は、会社の事業ライセンス、申込書には、代表者のサインと社判が必要です。支払いは基本的に銀行振込となります。


●町中のWi-Fi事情
ベトナムは全国的に無料のWi-Fi が普及しています。町中のカフェやレストランでは、無料Wi- Fi がないところを探すほうが難しいくらいでしょう。パスワードの入力が求められますが、お店の人に聞けばすぐに教えてくれます。


●海底ケーブルの事故
ベトナムと国外を結ぶ海底ケーブルが切れるという事故が、過去数年、何度か発生しています。会社で契約する場合、複数のプロバイダと契約するなど、事故への備えをしておいたほうがいいでしょう。

Related Vietnam Basic Info

トラブルが起きたら ベトナムは、銃器類の所持が認められておらず、また治安が安定していることから、比較的安全な国と言えます
住民票・健康保険・年金 ベトナムに長期滞在する場合、住民票、健康保険、年金をどうするのか、悩むところです。残す場合も残さない
鉄道で移動する ベトナムにある鉄道は、ハノイとホーチミンを結ぶ統一鉄道を筆頭に、長距離路線のみです。近年、最新鋭の車
書類や荷物を送る 郵便物や荷物を送る場合、送り先は国内なのか、国外なのか、速度重視なのか、コスト重視なのかなど、その内