万が一のときのために

あまり考えたくはないことですが、「死」はいつやって来るか分かりません。万が一のときに慌てないよう、手順だけでも確認しておきましょう。日本で葬儀をする場合とベトナムで葬儀をする場合の、大きく2つに分けられます。


●日本で葬儀をする場合
日本に遺体または遺骨を持ち帰り、死亡届を提出するには、以下の書類が必要です。

1. 現地で発行された死亡証明書
2.   1の書類の和訳文
3. 現地の在外公館が発行する遺体証明書

遺体を防腐処理して航空便で持ち帰ることも可能ですが、場合によっては、火葬し遺骨にして持ち帰るしか選択肢がないこともあります。日本国内に持ち込む際の通関手続きや必要書類などについては、運送会社や航空会社、もしくは在外公館に相談するといいでしょう。

単身でベトナムに赴任している日本人が亡くなった場合、まず現地の病院などから在外公館に伝えられ、外務省を通して外務省から日本国内の遺族に通知されます。

遺体もしくは遺骨を日本に搬送する場合、注意すべきことがあります。死亡届は日本に帰国してから提出しなければなりません。現地の在外公館で届出をすると、それが本籍地役場に届くまで、火葬・埋葬許可が得られないことになってしまいます。


●ベトナムで葬儀をする場合
当地で葬儀・埋葬を行う場合、まず居住している街区(Phuong)の公安に届けを出します。公安には所定の書類が用意されています。

それと同時に在外公館にも連絡し、遺体および遺骨をどう処理したいかを伝えましょう。これを元に、在外公館では、外交公文書を作成します。この文書は、葬儀などの手続きにも必要になりますので、なるべく早く連絡をすることが大切です。

在外公館に死亡届を出すのは、死亡から3 ヵ月以内で、その際には以下の書類を各2通用意します。

1. 死亡届書
2.    外国官公署発行の死亡登録証明書、または医師作成の死亡証明書の原本
3.    2の文書の和訳文

ベトナムでは火葬と土葬の2種類があります。埋葬方法、葬儀の手配については、地元公安や病院に相談するといいでしょう。

Related Vietnam Basic Info

会社を設立する 会社に関するベトナムの法律は、日本とは異なる点が多々あるので、設立の際に相談に乗ってくれる専門家は欠
散髪屋・美容院 男女を問わず自分の思うようなヘアスタイルにならないと、気持ちが良くないものです。しかし近年、ベトナム
物流 製品の輸出入はもとより、ホーチミンで作った材料や製品をハノイに送る、社員が国内で転勤するなど、「物を
日本への引っ越し ベトナムから日本へ引っ越しをする際、基本的にやることは共通しており、やはり通関手続きも存在します。ベ