ゴルフ

ベトナム生活の楽しみの1つはゴルフ。仕事上でお付き合いのある人達と親睦を深めることができ、そこから商談が始まることもあります。ラウンドを楽しむためにも、ベトナムと日本のゴルフ事情の違いを知っておきましょう。


●プレーヤー1人にキャディも1人
日本のゴルフ場との最大の違いはキャディでしょう。日本と違い、ベトナムでは、1 人のプレーヤーに1 人のキャディがつくのが一般的。贅沢な気分が味わえます。プレーフィーの中にキャディ代も含まれていますが、ラウンドが終わったら、20 万VND 程度のチップを渡しましょう。


●ラウンド途中での休憩はない
日本とは違い、インとアウトの間の休憩はありません。18 ホール通しでプレーしますので、事前に必ず食事をしておきましょう。また暑い日のラウンドの場合、日本以上にこまめな水分補給が必要です。


●移動は徒歩
プレーの際の移動は、徒歩が基本です。カートの利用を希望する場合は、別途料金を支払って用意してもらいます。


●料金は$100 前後〜
ベトナムでも、もちろんゴルフ場、プレーする日(平日か休日か)など条件によってプレー代は変わりますが、大体$100 前後〜と考えておけば良いでしょう。


●ゴルフ場の数は不足気味
ハノイ、ホーチミンなど、新しいゴルフ場が次々とできていますが、それでもゴルフ人口の増加に追いついていない状態です。週末にラウンドする際は、なるべく早目に予約しましょう。


●コンペに参加
ハノイ、ホーチミンの日本商工会の会員同士でゴルフコンペをするほか、レストランなどがお客さん同士の交流のために、親睦ゴルフを開催しています。仲間がいないときは、そういったところに参加してみましょう。


●打ちっぱなしの練習場
ハノイ、ホーチミンともに打ちっぱなしの練習場がありますし、日本人のレッスンプロもいます。


●送迎付きのゴルフパックが便利
ゴルフ場までの足の確保ができない人は、旅行会社の送迎付きゴルフパックを利用するといいでしょう。

Related Vietnam Basic Info

医療事情 国外で生活をするときに、いちばん心配なことの一つが医療事情。ベトナムの医療技術は、日本に比べて見劣り
予防接種 ベトナムでは、メコンデルタの熱帯雨林などに限らず、都市部であっても、東南アジア特有の風土病にかかる危