水・電気・ガス

生活に欠かせない水と電気とガス。日本とベトナムとは、勝手が異なります。お住まいがサービスアパートか、アパートか、一軒家かによって事情は異なりますので、自分のお住まいのライフラインを確認しておきましょう。


●水事情
水道水は地元の人でも、そのまま飲むことはありません。沸騰させた水を冷ますか、市販の飲料水を購入しましょう。5 ガロン(19 リットル)入の大きなボトルが3万〜5 万VND 程度。宅配サービスもあります。

日本もベトナムも基本的に水は軟水ですが、地域によって硬軟には差があります。赤ちゃんに飲ませるミルクを作る際などに、軟水を使いたい人は、市販の水を使いましょう。市販の水のうち「霧降」と「ラヴィ」が軟水で、「アクアフィナ」は硬水です。

蛇口に浄水器をつけるという方法もあります。ベトナムでも日本製の浄水器が販売されており、家庭用が200万VND 程度、業務用浄水器が500 万VND 程度です。
歯磨きや料理に使う分には、水道水でも問題ありませんが、購入した飲料水を使っている人もいます。また生野菜を洗った時についている水、路上で販売されているアイスコーヒーに入ってくる氷なども、お腹の弱い人は注意したほうがいいでしょう。


●電気事情
日本とベトナムでは、電圧が違うので、日本の家電製品を使う際は、変圧器を通す必要があります。日本は100ボルトなのに対し、ベトナムは220 ボルトです。パソコンなど220 ボルトに対応しているものは、そのまま使えます。

ソケット(コンセントの差込口)の形状も異なります。日本はA タイプですが、ベトナムはA タイプ以外に、丸型2 つ穴のC タイプおよび3 つ穴のSE タイプが混在しています。

停電が時々発生しますので、住居に自家発電機がない場合は、懐中電灯を、すぐに取り出せるところに用意しておきましょう。


●ガス事情
ベトナムのガスはプロパンガス(LPG)で、ガス管網が整備されていないため、プロパンガスのボンベを購入します。販売店に電話をすると、スタッフが自宅まで届けてくれ、ボンベの付替えをしてくれます。1 本30 万VND 程度で2 - 3 ヵ月もちます。

Related Vietnam Basic Info

帰国後の学校 日本に帰国したときに、お子さんがスムーズに日本で勉学が続けられるよう、準備をしておきましょう。ベトナ
教育事情 ベトナムには日本人向けの幼稚園、小学校、中学校があり、安心して教育を受けることができるでしょう。ただ
日本の新聞・テレビ ベトナムにいても、日本の情報はリアルタイムで入手したいものです。インターネットが発達したとはいえ、新
労働許可証・滞在許可証 ベトナムで滞在するにはビザまたは滞在許可証が、就労するには労働許可証が、それぞれ必要になります。この