オフィスに必要な機器・家具を揃える

事務所の開設が決まったら、次にやることはOA 機器と家具を揃えることです。OA 機器に関しては、日系の大手企業がベトナムでも業務を行っているので安心。
家具は既成品と変わらない値段でオーダーメイドが可能です。


● OA 機器を揃える
個人用の安価なプリンタなどは電気屋に行けば簡単に購入できます。業務で使うOA 機器は、購入かリースかという2つの選択肢があります。どちらを選ぶ場合も、メンテナンスをしてくれるところを選ぶと安心です。

消耗品であるトナーの補充を頼むと、容器はそのままで、その中にサードパーティのトナーを入れる業者もいます。OA 機器の故障の元ですから、純正品を使うようにしましょう。富士ゼロックス、リコー、シャープ、キヤノンなど日系の大手オフィス機器メーカーがいずれもベトナムで営業しています。直販と代理店経由という2つの販売チャネルがあり、直販ですと日本人営業が対応してくれる場合が多く、安心でしょう。

また最近のオフィス機器メーカーは、機械を販売するだけでなく、テレビ会議システム、ID カードを使った出勤管理システムなど、オフィスでの業務を総合的にサポートする業務を行っています。


●家具を揃える
ベトナムでは、家具はオーダーメイドが一般的です。新しくオフィスに入る場合、机や棚は、内装工事を担当する業者に頼んで一緒に作ってもらうといいでしょう。買い足す場合は、家具屋さんに来てもらい、今、使っている家具を見せて、「これと同じものを作って欲しい」と注文するのが、いちばん分かりやすいでしょう。ただし、微妙にサイズが異なるものが上がってくる場合が多く、机の引き出しが相互に入れ替えができない、ということは珍しくありません。

ハノイではDe La Thanh(デ・ラ・タイン)通り、ホーチミンではNgoGia Tu(ゴー・ヤー・トゥー)通りが家具屋の集まっている通りとして有名です。


●文房具を揃える
日本のアスクルのようなサービスをしている会社があります。カタログから注文が可能で、支払いも月ごとに一括して請求明細を送ってくれるので安心です。

Related Vietnam Basic Info

基礎知識 ベトナムは親日国です。8世紀に阿倍仲麻呂が安南(当時のベトナム)都護符に赴任していたことに始まり、両
年中行事 ベトナムでは「テト」と呼ばれるベトナム正月を筆頭に、伝統的な行事が旧暦で動いている点に注意をしましょ