冠婚葬祭に出席する

日本とベトナムでは、冠婚葬祭のスタイルには、かなり違いがあります。結婚や逝去の連絡を受け取ったときに慌てないよう、日本との違いを確認しておき
ましょう。


●結婚披露宴に出席する
ベトナムの結婚披露宴は、日本に比べると招待客の数が多く、招待客が300 人程度は当たり前。そのため招待状をもらう回数も多くなります。招待状が届くのは、披露宴の数週間前のことが多いです。出席できない場合、事前にお祝い金を渡すといいでしょう。

ベトナムの披露宴は日本に比べてかなりカジュアルです。必ずしもスーツやドレスを着る必要はなく、男性の場合、ノーネクタイでも大丈夫です。

披露宴の開場時刻と開演時刻は、かなり開きがあります。例えば18 時開場という場合、実際に披露宴が始まるのは19 時頃だと考えておくといいでしょう。

ご祝儀は、封筒に入れて持参し、入り口に置かれた箱の中にいれます。お金は、招待状が入っていた封筒に入れる方法が一般的ですが、普通の市販の封筒でも構いません。ご祝儀の額は、日本と同様、人間関係によって変動します。日本人がベトナム人の部下または友人の披露宴に招かれるという前提で考えると50 万ドン(会場が中級クラスのレストランの場合)~ 100 万VND(会場が高級なホテルの場合)程度が相場でしょう。

食事がすべて出ると、三々五々と会場を後にします。特に「締め」の挨拶はありません。


●弔問する
ベトナムでは誰かが亡くなると、その日から3日3 晩が「お通夜」になり、その間で自分の都合のつく時間に、弔問に訪れるのが一般的です。葬儀は近親者が中心となりますので、求められない限り出席しなくても大丈夫です。直接の知り合いだけでなく、その家族が亡くなられたときも、弔問に訪れるといいでしょう。

弔問に行くと、遺族の方々に挨拶をします。用意されたテーブルに座って、焼香の順番が来るのを待ちます。焼香が終わると、また遺族の方に挨拶をして辞去します。
お香典の相場も基本的にはまちまちです。会社の部下の弔問に行く場合、50 万VND 程度を封筒に入れて用意するといいでしょう。お焼香をする際、そこに用意されたトレイに封筒を置きます。

Related Vietnam Basic Info

コンサルタントを探す ビジネスをする上で必要不可欠なのが、会社の設立手続き、行政関連の手続き、税務・法務などの専門家です。
飛行機で移動する1 ベトナム国内 ハノイ・ホーチミン間など、主要都市間の移動には飛行機が一般的です。ベトナム航空以外に、ベトジェットエ
食事をするときのコツ 世界的に有名で、日本人の口にも合うベトナム料理をはじめ、大都市部では各国の料理が楽しめ、日本料理店も