基礎知識

ベトナムは親日国です。8世紀に阿倍仲麻呂が安南(当時のベトナム)都護符に赴任していたことに始まり、両国の間には長い交流の歴史があります。そんなベトナムの基本的なデータを、日本や近隣諸国と比較しながら把握しておきましょう。

●国名
正式国名は「ベトナム社会主義共和国」。英語表記は Socialist Republicof Viet Nam になります。

●建国日
1945年9月2日。この日は祝日になっています。

●地理
東南アジアに位置しています。インドシナ半島の東側にあって、南北に長いS の字の形をしています。北は中国、西はラオスとカンボジアと、それぞれ国境を接しています。東は南シナ海(ベトナム語は東海)に面しています。

●面積
33万1,000㎢。日本の面積の0.88倍で、日本から九州を除いたくらいの広さです。世界の国の中では65 位になります。
近隣諸国と比較するとミャンマーが39位、タイが50位、ラオスが82位、カンボジアが88位。ちなみに日本は61位です。(* ただし順位は調査結果によって若干相違があります)

●海岸線
ベトナムの国土は南北に細長いのが特徴。西側には山岳地帯が連なり、東側はすべて海に面しています。海岸線の長さは3,260㎞にも及びます。

●気候
南北に細長い国なので、地域によって気候はかなり異なります。ハノイのある北部は温帯性気候帯に属し、日本の四季を思わせる季節の変化があります。
夏は非常に暑くなる反面、冬は吐く息が白くなることもあるほど。一方、ホーチミンのある南部は熱帯性気候帯に属しており常夏。1 年は乾季と雨季に分けられます。

●首都
北部にあるハノイが首都です。1010年に都が置かれた場所で、2010年には遷都1000年を祝いました。漢字では「河内」と書きます。

●言語
公用語はベトナム語。表記には、声調記号の入ったアルファベットが使用されます。

●人口
人口は2014年時点で約9,073万人。日本よりは少ないですが、世界の中では14 番目に人口の多い国です。
近隣諸国を見てみると、タイが約6,900万人で20位、ミャンマーが5,100万人で25位、カンボジアが約1,500万人で67位、ラオスが約690 万人で101 位となっています。ちなみに日本は10 位です。(* ただし順位は調査結果によって若干相違があります)

●平均年齢
人口の60%近くが25歳以下で占められる若者の多い国です。平均年齢も約29歳と、日本の46歳に比べて非常に若くなっています。

●識字率
95%(2013年)

●行政区分
58の省と5つの中央直轄都市(ハノイ、ハイフォン、ダナン、ホーチミン、カントー)に分けられています。

●民族
人口の約90%を占めるキン族と53の少数民族で構成されています。

●宗教
国民の約70%が儒教、道教を取り入れた大乗仏教を信仰していると言われます。次に多いのがカトリック(キリスト教)で、それ以外にもベトナム独自の新興宗教の信者もいます。

●日本との時差
マイナス2時間。つまり日本が正午のときに、ベトナムは午前10時。サマータイムは実施されていません。

●通貨
通貨はベトナムドン(VND)。500、1,000、2,000、5,000、1 万、2 万、5 万、10万、20万、50万の10 種類の紙幣が流通しています。1万VND 以上の札は
ポリマー製です。コインは流通していません。

●日本との距離
直線距離で約3,600km。飛行機での所要時間は5〜6時間程度です。

●電話の国番号と国際電話のかけ方
84(ベトナム)/81(日本)

日本からベトナムへ
国際電話会社の番号+ 010(国際電話識別番号)+ 84(ベトナムの国番号)+ 相手の電話番号(ただし最初の「0」を取った番号)

ベトナムから日本へ
国際電話識別番号(00)+ 日本の国番号(81)+ 市外局番(最初の0 を取る)+ 相手の電話番号(ただし最初の「0」を取った番号)

* 国際電話会社の番号例
KDDI:001、NTT コミュニケーションズ:0033 など。
ただし固定電話でマイラインを登録している場合は、電話会社の番号は不要です
* 固定電話だけでなく、携帯電話にかける場合も頭の「0」はとります。

Related Vietnam Basic Info

日系経済団体・交流団体 ベトナムにはハノイ、ホーチミン、ダナンに日本商工会があるほか、さまざまな日系の団体が活動しています。
友だちを増やす 国外だからこそ人間関係が大切。仕事上の人脈を増やすのはもちろん、私生活でも、友達を増やすことで、ベト
ペットと暮らす ペットも大切な家族の一員。ベトナムに赴任する際も、連れて行きたいもの。基本的に帯同は可能です。ベトナ
労働許可証・滞在許可証 ベトナムで滞在するにはビザまたは滞在許可証が、就労するには労働許可証が、それぞれ必要になります。この