赤ちゃんを育てる

赤ちゃんを育てる際に必要な品々は、たいていベトナムでも入手ができます。ベトナム製だけでなく、外国製品、日本製品も取り扱う店が増えてきました。ただし外国製は割高なので、一時帰国にまとめ買いするといいでしょう。


●紙おむつ
ベトナムでも紙おむつは販売されていますが、使用感に関しては、日本製に軍配があがるようです。ベトナムでも日本製の紙おむつは購入可能ですが、値段は日本の2 倍程度と割高になります。一時帰国の際などに日本でまとめ買いして持ち込むのがいいでしょう。


●粉ミルク
種類は豊富で、日本製の粉ミルクもスーパーなどで簡単に手に入ります。ベトナム製に比べると割高です。粉ミルクを溶くときの水が硬水か軟水かを気にされるかたもいらっしゃるでしょう。ベトナムの水は、基本的に日本と同じ軟水ですが、ハノイはやや硬度が高い傾向があるようです。市販されている水には、軟水もありますから、それを使うのが安心でしょう。


●ベビーカー
ベトナムでも使用に耐えるものが購入可能です。折り畳みができるタイプがほとんどで、重さが4kg 以下の軽量のものもあります。値段は、500 万VND 〜800 万VND 程度。


●ベビーシッター
ベトナムでは、ベビーシッターを雇う家庭が多いです。日本に比べると人件費が安いので、共稼ぎのご家庭であれば検討の価値はあるでしょう。ただし、ベトナム人と日本人とでは子育ての習慣が異なり、トラブルが多いのも事実。知り合いからの紹介など、人選びは慎重にしましょう。シッター代の相場は1時間$3 〜。


●ベトナムの習慣
ベトナムでの子育ての習慣の中には、日本とは異なるものがあります。例えば、「産後一ヶ月、お母さんはシャワーを浴びない」という習慣。もっとも、若いお母さんの中には、気にせずにシャワーを浴びる人も増えてきているようです。また一歳の誕生日は、レストランなどに親戚や友人を招いて盛大なパーティをします。ベトナム人は総じて子供好き。子連れでレストランに行くと、スタッフが子供の面倒を見てくれたりします。日本に比べて足りないモノは多々ありますが、ベトナムのほうが楽な面もあるといえるでしょう。

Related Vietnam Basic Info

近年の動向 ベトナム戦争終結後の1976 年、南北が統一され、現在のベトナム社会主義共和国が成立しました。199
接待に使えるお店 ビジネスをする上で、接待は欠かせません。ハノイ、ホーチミン共に日本料理、ベトナム料理、各国料理のお店