ベトナム初のキャッシュレス展示会 SSV(ショップ&ストアベトナム)2018開催

 3月28日から30日にかけて、ベトナムでは第1回目となる「Shop&StoreVietnam2018」が開催され、小売業やフランチャイズ業界向けに豊富なコンテンツとビジネスチャンスを提供した。主催者Reed Tradexは70以上のブランドを集結させ、ベトナム初の「キャッシュレス社会」を発信する展示会を開催した。  Kantar Worldpanel社の調査によると、ベトナムでは小規模店舗の市場占有率が2015年から2016年にかけて32%増加し、通販市場の占有率は61%も大幅に増加した。ま

保険各社、オンライン販売広げる

 ベトナムで保険各社がオンラインの販売体制を拡充している。プルデンシャル、マニュライフ、FWDに続き、先にはチャブ保険、ゼネラリ・ベトナム、ハンファ生命もオンライン販売システムを導入した。  FWDはこれまでに、がんの診察にも適用される生命保険「FWDがん・ケア」をオンラインで購入できるようにした。同社は2017年10月には、ベトナムのEコマース・サイト「Tiki.vn」で傷害保険を売り出しており、オンラインでの保険販売をさらに拡大する意向だ。  マニュライフも3つの保険商品を売り出すことに

荏原製作所、ポンプと冷凍機のセミナーを実施

 荏原製作所は、3月22日、23日の2日間、ホーチミン市のベトナム・日本人材開発インスティテュート(VJCC)でポンプと冷凍機の技術セミナーを開催した。VJCCでのセミナーは2012年から始め、今年で7回目となる。セミナーには、民間企業、大学などからポンプセミナーに26人、冷凍機セミナーに29人が参加した。  ベトナムでは、都市化・工業化に伴う社会インフラ整備が進んでおり、こうした社会インフラに欠かせないポンプや冷凍機の需要が高まっている。  同社は、技術指導などの国際協力を通じて、世界各国

NTT西日本とJVS、ベトナム人技能実習生向け日本語学習環境を提供

 JVSグループ株式会社(以下「JVSグループ」)、JVSジャパン株式会社(以下「JVSジャパン」)、西日本電信電話株式会社(以下「NTT西日本」)、は、外国人技能実習制度を利用して来日するベトナム人技能実習生を受け入れる企業向けに、ICTを活用した日本語学習環境を提供開始する。  2017年11月に施行された「外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律」(技能実習法)によって、外国人技能実習制度の対象職種に「介護職種」が追加された。介護職種への従事にあたっては、指導員や介護

立命館大学ベトナム事務所を開設

 立命館大学は、3月28日に英国・インド・中国に続いて、4拠点目となる海外事務所をハノイ市のハノイ貿易大学内に開設した。  同大学は「スーパーグローバル大学創成支援事業」(SGU)に採択され、グローバル化の取り組みを着実に進めてきた。  ベトナムは市場経済へ移行して以降、中国と同様に高い経済成長を実現してきており、日越連携の関係強化が期待されている。今回、ベトナム国内の高等教育機関が集中するハノイに拠点を構えることにより、大学や政府系機関などとの緊密なネットワークを構築し、同大学の教育研究活

JICA、「コーヒーバリューチェーン 強化事業」に対する融資契約を調印

 国際協力機構(以下「JICA」)は、3月28日、シンガポールの農産物事業会社Olam International Limited(以下「オラム社」)の子会社である、ベトナムのコーヒー加工会社Cafe Outspan Vietnam Limited(以下「カフェアウトスパン社」)との間で、コーヒーバリューチェーン強化事業に対する7500万ドルの融資契約を調印した。同事業はアジア開発銀行(以下「ADB」)との協調融資であり、ADBも同日、カフェアウトスパン社およびオラム社との間で総額8800万ドル

JBIC、自動車の 整備・販売事業に対する融資

 株式会社国際協力銀行(以下「JBIC」)は、3月29日、トヨタカローラ南海株式会社(以下「TCN」)との間で、融資金額300万ドル(JBIC分)の貸付契約を締結した。同融資は、株式会社三菱東京UFJ銀行との協調融資によるもの。  同件は、TCNのベトナム法人であるTOYOTA NANKAI HAIPHONG WEST CO., LTD.(以下「TNHPW」)が自動車の整備・販売事業を行うために必要な資金を、TCNに対して融資するもので、TNHPWの店舗設立およびメンテナンスラインの設置などに

タカラベルモント、プロ向け頭髪化粧品シェア No・1ブランドを買収

 理容室・美容室、エステ・ネイルサロンおよび歯科・医療クリニックの業務用設備機器や化粧品・空間デザインなどを手掛けるタカラベルモント(株)は、1月25日付でベトナム・プロフェッショナル頭髪化粧品製造販売国内ナンバーワン企業であるNgu A Chau Service Production Trading Joint Stock Companyを買収した。  3月12日には、ホテル・ニッコー・サイゴンにおいて、政財界および美容業界の関係者を招いて、「Fusion(融合)」と「Together(共に

次世代に向けた環境教育サントリー「水育」ベトナムで実施対象エリアを拡大

 サントリーホールディングス(株)は、子どもたちに「水」の大切さを伝える独自の次世代環境教育プログラム、サントリー「水育(みずいく)」のベトナムでの実施対象エリアをクアンナム省、ランソン省、ハザン省にも拡大し、国連が「世界水の日」に定めた3月22日から2018年の活動を開始する。  サントリーグループは、「水と生きる」ことを社会との約束と位置付け、グループ全体で共有する「水理念」のもと、自然環境の保全・再生活動など、水に関わる様々な取り組みを、グローバルに推進している。  また2015年3月

中部の高校生、障がいのある人助けるロボットアーム開発

 中部クアンチ省の高校に通うファム・フイ君が障がいのある人に向けた低コストのロボットアームを開発し、注目を集めている。  フイ君はクアンチ省のギフテッドの子どもたちに向けた高校の生徒。ベトナム戦争の激戦地だった同省には地雷や不発弾などが残っており、事故が今も起き、障がいを持つ人もいる。このためフイ君は障がいを持つ人が日常生活をより快適に過ごせるようにとロボットアームを開発した。開発したロボットアームは米半導体大手インテルの「2017年国際科学・エンジニアリング・フェア」で賞を獲得している。