THEとダイキン、デマンドレスポンスの導入に向けた調査を開始 ~二国間クレジット制度に係る地球温暖化対策技術の普及に貢献~

THEパワーグリッドソリューション株式会社(以下「THE」)とダイキン工業株式会社(以下「ダイキン」)は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が実施する、二国間クレジット制度(JCM)に係る地球温暖化対策技術の普及推進事業に向けた戦略的案件組成調査の委託先に選定された。同調査は、2017年9月から2018年2月まで実施する予定。
人口の増加や経済発展に伴い、世界的な電力需要の増加が見込まれており、電力の供給量に合わせてピーク時の消費電力量を抑制するデマンドレスポンスへの注目度が高まっている。
同調査では、ベトナムにおける電力料金制度や電力使用状況の実態を調査するとともに、電力消費の約4割を占めると言われている空調の制御システムを活用したデマンドレスポンスの導入効果を試算する。THEは、これまで海外において送配電などのエネルギーインフラに関わるコンサルティング・エンジニアリングを数多く手掛け、また、ダイキンは、機器の制御をはじめとする空調事業をグローバルで展開し、ベトナム空調市場においてはトップクラスのシェアを誇っており、両社の知見を活かしてベトナムにおけるデマンドレスポンスの普及をめざす。
(引用元:THE パワーグリッドソリューション株式会社、ダイキン工業株式会社ニュースリリース9月27日)

Post in Business

Related Trend Watch

扇風機の羽が直撃、男児が大けが  8月16日、ビンズオン省で、6歳の男児が大型扇風機の羽に当たって大けがをした。  男児の家族によ
ハノイ、旧正月の道路渋滞ポイント  ハノイ市交通運輸局によると、旧正月期間中に市街地で渋滞が予測されるのは以下の箇所となる。 ◇ホア
国営企業からの資本撤退、2020年までに406社が対象 政府は先ごろ、首相決定第1232/QD-TTg号に署名し、2017~2020年期で政府が資本を撤退す
ホーチミン市で4階建て家屋が倒壊、隣家を巻き込む 9月2日午後9時30分ごろ、ホーチミン市タンビン区タンソンホア通りで家屋が倒壊し、空き地を挟んだ隣家