NTT東日本、BECAMEXとスマートシティー関連の覚書を締結

 NTT東日本は、南部ビンズオン省の公営デベロッパーであるBecamex IDC Corp.(ベカメックスIDC社、以下「BECA MEX」)と、ビンズオン省のスマートシティー化の早期実現に向けた通信・ICT分野における協力について、3月26日に覚書を締結した。
 ベトナムでは近年、各自治体がスマートシティー化を目指した取り組みを進めている。ベトナム最大の都市であるホーチミン市に隣接するビンズオン省でも、Intelligent Comm unity Forum(ICF)が選定するSmart21 Comm unities of the Year Awardを2021年に獲得することを具体的目標に掲げ、同省の公営デベロッパーであるBECAMEXが中心となってスマートシティー化の実現に向けて取り組んでいる。
 BECAMEXは1976年の設立以来、工業団地や住宅地、都市交通インフラなどの整備を進めてきたほか、2008年にはVietnam Post and Tele communications Group(以下「VNPT」)との合弁会社であるVietnam Technology & Tele communications Joint Stock Company(以下「VNTT」)を設立し、BECAMEX開発エリア内における通信・ICT事業を担ってきた。
 また、NTT東日本は、グループ会社であるNTTベトナムを通じて、約24万回線の電気通信網の建設および事業運営指導や、NTTベトナムとVNPTとの合弁会社であるOCG Technology Joint Stock Companyを通じたクラウドゲーム卸事業の推進など、ベトナム国内におけるビジネス展開を行っている。
(引用元:東日本電信電話株式会社ニュースリリース 3月27日)

Post in Business

Related Trend Watch

毎年がんで9万4000人が死亡、早期発見が課題  保健当局の統計によると、ベトナムでは年間約12万6000人が新たにがんに罹患し、がんによる死亡者数
大和ハウス、ハイフォン市に超高層街区「ウォーター フロント シティ プロジェクト(仮称)」を開発。2020年に開業予定 「大和ハウス工業」(大阪市、大野直竹社長)は3月27日、ゼネコンの「フジタ」(東京都渋谷区、奥村洋治
JBIC、合成樹脂シートの製造・販売事業に融資  株式会社国際協力銀行(JBIC)は、2月1日、アァルピィ東プラ株式会社(以下「RP東プラ」)のベト
ホーチミン市中心部で飲酒運転の乗用車が暴走  ホーチミン市で11月13日、飲酒運転の乗用車が交通警察の制止を振り切り、蛇行運転を続けながら約5㌔