NTT東日本、BECAMEXとスマートシティー関連の覚書を締結

 NTT東日本は、南部ビンズオン省の公営デベロッパーであるBecamex IDC Corp.(ベカメックスIDC社、以下「BECA MEX」)と、ビンズオン省のスマートシティー化の早期実現に向けた通信・ICT分野における協力について、3月26日に覚書を締結した。
 ベトナムでは近年、各自治体がスマートシティー化を目指した取り組みを進めている。ベトナム最大の都市であるホーチミン市に隣接するビンズオン省でも、Intelligent Comm unity Forum(ICF)が選定するSmart21 Comm unities of the Year Awardを2021年に獲得することを具体的目標に掲げ、同省の公営デベロッパーであるBECAMEXが中心となってスマートシティー化の実現に向けて取り組んでいる。
 BECAMEXは1976年の設立以来、工業団地や住宅地、都市交通インフラなどの整備を進めてきたほか、2008年にはVietnam Post and Tele communications Group(以下「VNPT」)との合弁会社であるVietnam Technology & Tele communications Joint Stock Company(以下「VNTT」)を設立し、BECAMEX開発エリア内における通信・ICT事業を担ってきた。
 また、NTT東日本は、グループ会社であるNTTベトナムを通じて、約24万回線の電気通信網の建設および事業運営指導や、NTTベトナムとVNPTとの合弁会社であるOCG Technology Joint Stock Companyを通じたクラウドゲーム卸事業の推進など、ベトナム国内におけるビジネス展開を行っている。
(引用元:東日本電信電話株式会社ニュースリリース 3月27日)

Post in Business

Related Trend Watch

ダナン空港、国内トップのサービスの質  民間航空局(CAAV)による国内空港の「サービスの質ランキング」で、中部ダナン国際空港が首位に輝い
ノイバイ空港で金の密輸を摘発、空路ではハノイ最大規模 ノイバイ空港で8月25日、タイ発ベトナム行きのTG564便で入国した男女5人が、大量の金(ゴールド)
車両を速度計測、交通事故の削減に期待  4月1日から、フーミー橋周辺区域および2区、7区を走行する車両は速度監視の対象となる。  ホーチ
完成車の輸入、タイ製がトップ  統計総局によると、5月18~25日の期間に輸入された完成車は939台で、前週の231台から約4倍増