nmsホールディングス、EMS事業におけるベトナム進出および現地子会社設立

 nmsホールディングス株式会社は、2月20日開催の取締役会において、EMS事業におけるベトナムへの進出および現地子会社設立に関し決議した。
 nmsホールディングスグループのEMS事業において、中核を成す株式会社テーケィーアール(以下「TKR」)は、実装・プレス・成形・完成品組み立て、さらには、試作、部品調達、検査など広範囲にわたるノウハウを有し、高い実装品質と低コストの生産ライン構築で、一貫生産・量産はもちろんのこと、プロセス単体・少量多品種など、顧客のニーズに機動的に対応している。
 今回設立する生産拠点は、プレス工場と実装組立工場で構成され、敷地は4万平方メートルとなり、nmsグループにおける最大規模の生産拠点となる。場所は、Ba Thien Ⅱ Industrial Parkで主要顧客の近くに位置しており、人材確保や物流の面からも利点が多い地域。TKRは主要顧客の増産に対応するとともに、実績を活かしながらアセアン地域における地産地消ニーズも取り込み、顧客基盤の拡大を図る。
(引用元:nmsホールディングス株式会社ニュースリリース 2月20日)

Post in Business

Related Trend Watch

漁船乗組員の労働輸出、法令順守意識の低さなど問題も山積  ベトナム労働輸出協会(VAMAS)によると、2017年に漁船乗組員として輸出した労働者数は約500
旧正月向けの花き輸入が大幅増  税関総局によると、今年の旧正月向けの花きの輸入額は1800万ドル(前年比約50%増)に達した。
橋の一部が沈んで変形、他にルートなく事態は悪化 クアンナム省で、川に架けられた橋の一部が沈下して変形し、危険な状態となっている。 この橋(ハータン
大和ハウス、ハイフォン市に超高層街区「ウォーター フロント シティ プロジェクト(仮称)」を開発。2020年に開業予定 「大和ハウス工業」(大阪市、大野直竹社長)は3月27日、ゼネコンの「フジタ」(東京都渋谷区、奥村洋治