MKグループ、ブラジルのスマートカード企業に出資

 ベトナムのMKグループはこのほど、スマートカードの製造を手掛けるブラジルのALTEROSAの株式20%を取得することで契約を結んだ。
 MKグループはセキュリティー番号の認証ソリューションなどの事業を手掛ける企業。同社とALTEROSAは今回の株式取得を受け、今後にスマートカードの製造やソフトウエアの開発で連携していく見通しだ。またALTEROSAの生産能力や同社の中南米市場に関する知識を共有していくという。
 MKグループのグエン・チョン・カン会長は「わが社は多数の国際市場での事業拡大を急ぎたい」と強調しており、これを機に海外での事業展開を加速したい考えを示している。
(引用元:VnEconomy 4月11日)

Post in Business

Related Trend Watch

暴走族に公安が威嚇発砲、実弾が見物人の頭部を直撃  6月3日午後2時ごろ、ホーチミン市12区の国道一号線上で暴走族のバイクレースが行われ、所轄公安が威
在ホーチミン日系ヘアサロン5社がヘアイベントを開催 9月11日、ホーチミン市1区の「ENVY CLUB」において、ヘアケア製品を取り扱う日系大手メーカー
JICA、「コーヒーバリューチェーン 強化事業」に対する融資契約を調印  国際協力機構(以下「JICA」)は、3月28日、シンガポールの農産物事業会社Olam Intern
サンフロンティア不動産、ダナン市で分譲マンション開発プロジェクト「HIYORI Garden Tower」着工 「サンフロンティア不動産」(東京都千代田区、堀口智顕社長)は5月8日、グループ初の分譲マンション開発