MKグループ、ブラジルのスマートカード企業に出資

 ベトナムのMKグループはこのほど、スマートカードの製造を手掛けるブラジルのALTEROSAの株式20%を取得することで契約を結んだ。
 MKグループはセキュリティー番号の認証ソリューションなどの事業を手掛ける企業。同社とALTEROSAは今回の株式取得を受け、今後にスマートカードの製造やソフトウエアの開発で連携していく見通しだ。またALTEROSAの生産能力や同社の中南米市場に関する知識を共有していくという。
 MKグループのグエン・チョン・カン会長は「わが社は多数の国際市場での事業拡大を急ぎたい」と強調しており、これを機に海外での事業展開を加速したい考えを示している。
(引用元:VnEconomy 4月11日)

Post in Business

Related Trend Watch

旧正月期間中の交通事故、約200人が死亡  公安省の統計によると、今年の旧正月休暇の7日間(2月14~20日)に全国で発生した交通事故は約22
左折バイクを避けたマイクロバスが制御不能で追突事故  ホーチミン市5区で3月5日、マイクロバスがバイク2台に追突し、4人が負傷するという事故が起こった。
ハノイ都市鉄道の車両が落書き被害、中国側ゼネコンが厳重処分を求める  建設中のハノイ都市鉄道の車両に、何者かがペンキで落書きをするという事件が起こった。  12月26
クリスマス商戦が大盛況、高級ディナービュッフェなどが人気  ホーチミン市中心部の小売店によると、2017年のクリスマスシーズンの売上は前年同期比20~30%増