サンフロンティア不動産、ダナン市で分譲マンション開発プロジェクト「HIYORI Garden Tower」着工

「サンフロンティア不動産」(東京都千代田区、堀口智顕社長)は5月8日、グループ初の分譲マンション開発となる「HIYORI Garden Tower」開発プロジェクトの建築工事にダナン市で着手したと発表した。同社は昨年8月にベトナムで初めてのホテル事業となる「The Blossom City」を開業したが、それに続く同市での2つ目の事業となる。ダナン市で日系企業独資の分譲マンション建設は初めてという。
マンションは、ダナン国際空港から市中心部、観光名所・ドラゴン橋、そして国際的なリゾート ホテルが立ち並ぶミーケビーチを貫くヴォーバンキエト通りに面し、市中心部・ミーケビーチのほぼ中間に位置する。ドラゴン橋も見渡せる極めて利便性の高い立地が特徴。ホワイトを基調として洗練された外観の地上28階建の高層マンションは視認性が高く、市内の新たなラ ンドマークとなるプロジェクトとなる。全306戸、駐車場96台、駐輪場167台にフィットネス施設も備える。竣工は2019年10月の予定となっている。
きめ細やかさと洗練さを備えた内装デザイン・仕様設備や 市内全域を見渡せる眺望など、随所に“日本クオリティ”を取り入れ手織り、同社は「現地の富裕層をはじめ、海外投資家の購入ニーズに十分応えルアーことができる」としている。
ダナン市は、ホーチミン、ハノイに次ぐ中部第一位の経済文化都市・ベトナム政府直轄市で、人口102.9万人(2015 年、前年比2.7%増)、一人当たりGDP2908米ドル(2015年、前年比7.9%増)と成長が著しい。また美しいビーチやホイアン・フエ等の世界遺産が近隣に点在し、年間500万人近い観光客が国内外から集まるリゾート観光都市となっている。中心部から車で10分に位置する国際空港をはじめインフラ整備も進められており、今年11月にはAPEC(アジア太平洋経済協力)首脳会議が開催される予定となっているなど、近年急速に国際的なイベントが誘致されている。
ダナン市政府は引き続き海外からの投資受け入れにも積極的に取り組んでいる。同社グループも「The Blossom City」に続き今回の「HIYORI Garden Tower」もダナン市でオープンするなど、海外事業・ホテル事業の充実と業容拡大を図る。

Post in

Related Trend Watch

十六銀行、ハノイ駐在員事務所を新規開設へ、日本の地方銀行としては初 「十六銀行」(岐阜県岐阜市、村瀬幸雄頭取)は4月27日、取引先企業の海外における事業展開支援を強化す
双日グループ、日東ベストと共同で日配惣菜製造や畜肉加工事業に参入 総合商社の「双日」(東京都千代田区、佐藤洋二社長)と「双日食料」(東京都港区、神岡譲社長)は2月28
日本の建築・施工技術の発信の場で、活発な意見交換も行われる ベトナム、日本の建築分野における情報発信や意見交換を行う「日本・ベトナム建築フォーラム 2016」が
大和ハウス、ハイフォン市に超高層街区「ウォーター フロント シティ プロジェクト(仮称)」を開発。2020年に開業予定 「大和ハウス工業」(大阪市、大野直竹社長)は3月27日、ゼネコンの「フジタ」(東京都渋谷区、奥村洋治