HCM市はアジアで3位、ロンリー・プラネットの旅行先ランキング

 米旅行誌「ロンリー・プラネット」はこのほど、アジアの旅行先をランク付けした「2018年ベスト・オブ・アジア」を発表した。この中で、ホーチミン市は第3位に付けている。
 今回のベスト・オブ・アジアで、ホーチミン市は釜山、ウズベキスタン、インド・西ガーツ、長崎、タイ・チェンマイ、中国・四川省と並ぶ位置に付けたという。
 上半期(1~6月)のホーチミン市の外国人来訪者数は383万人に上った。同市を訪問する外国人旅行者の平均滞在日数は5・21日で、支出額は平均145ドル。またベトナム人旅行者は1人当たり平均で3・6日滞在し、平均で158万ドン(約69ドル)を支出している。
(引用元:Voice of Vietnam 7月21日)

Post in Business

Related Trend Watch

ATM手数料の引き上げを凍結  ベトナム国家銀行は5月9日、各銀行に対し、同一行内のATMでの預金引き出し手数料の引き上げ凍結を指
ビンフック省と住友商事、工業団地に関する覚書を締結  住友商事株式会社(以下「住友商事」)および住友商事が運営・展開するベトナムの第3タンロン工業団地(
プロのための「日本の水産関連食品」試食商談会inハノイが開催  3月19日に、Thang Long No1ビルディングにあるサクラステーションにおいて、プロのため
大手長距離バスが ダンプカーと衝突  ホーチミン市ビンタイン区のハイン・サイン交差点で、同市発ダラット行きの長距離バスがダンプカーに衝突