HCM市はアジアで3位、ロンリー・プラネットの旅行先ランキング

 米旅行誌「ロンリー・プラネット」はこのほど、アジアの旅行先をランク付けした「2018年ベスト・オブ・アジア」を発表した。この中で、ホーチミン市は第3位に付けている。
 今回のベスト・オブ・アジアで、ホーチミン市は釜山、ウズベキスタン、インド・西ガーツ、長崎、タイ・チェンマイ、中国・四川省と並ぶ位置に付けたという。
 上半期(1~6月)のホーチミン市の外国人来訪者数は383万人に上った。同市を訪問する外国人旅行者の平均滞在日数は5・21日で、支出額は平均145ドル。またベトナム人旅行者は1人当たり平均で3・6日滞在し、平均で158万ドン(約69ドル)を支出している。
(引用元:Voice of Vietnam 7月21日)

Post in Business

Related Trend Watch

ハノイで地震  9月8日午前、ハノイ市タインスアン区、ハドン区、ナムトゥーリエム区で地震が発生し、数秒間の揺れが確
オンライン小売企業が苦戦、利益確保が困難  大手のオンライン小売り各社がベトナム市場で苦戦を強いられている。競争激化が進む中で、事業コストの増
救急車が病人を搬送中にバイクと衝突  メコンデルタ地域・バクリュウ省で12月9日、救急車がバイクに衝突し、バイクを運転していた男性が重傷
日ベトナムICT共同作業部会を開催  ハノイで1月25日、総務省およびベトナム情報通信省は、第1回「日ベトナムITC共同作業部会」を開催