HCM市、2030年までに東南アの商業のハブ目指す

 ホーチミン市は2030年までに、同市を東南アジアの商業のハブに成長させる計画だ。
 ホーチミン市内のスーパーマーケットは現在207店舗、ショッピングモールは43店舗、コンビニエンスストアは1100店舗となっており、合わせて小売部門全体の21%を占めている。一方、同市の「2025年までの商業部門の発展計画と2030年までの方向性」では、この割合を2020年までに少なくとも40%、2030年までに60%に引き上げる目標が盛り込まれた。
 2021年から2025年にかけて小売部門は年間11・6~12・5%のペースで伸びると予測されている。
(引用元:Voice of Vietnam 6月22日)

Post in Business

Related Trend Watch

小学校の新春行事でガスボンベ爆発、生徒が負傷  2月5日正午ごろ、北部ハティン省の小学校で開催された新春の催しで、ソーセージ屋台のガスボンベが爆発
三井住友建設、ハノイ市で都市高速道路工事を受注 三井住友建設株式会社は、ハノイ市の外郭に沿う環状3号線のうち、マイジック―南タンロン区間で計画されて
屋台フードエリア、バンコクをモデルに整備  ホーチミン市食品安全管理委員会は、タイのバンコク衛生局と屋台フードの安全管理などに関して作業を行っ
Viettel傘下のMytel、ミャンマーで サービス開始へ  ベトナムの通信大手Viettelとミャンマー企業の合弁会社Myan mar National Te