FDIのホテル投資が活況、ベトナムの観光ポテンシャルに着眼

計画投資省外国投資庁によると、今年年初9カ月の外国直接投資(FDI)の登録総額は、前年同期比約33%増の255億ドルと記録的な伸びを見せた。
そのうち不動産分野では、新規投資プロジェクトは34件、投資総額は10億ドルに達した。中でも、新規投資のホテル建設プロジェクトが多く、Movenpickはホテル10軒の投資プロジェクトを予定している。
これらのことから、外国投資家がベトナムの観光ポテンシャルに着眼していることが分かる。
ホーチミン市では、多くのホテルで客室稼働率が高く、4~5つ星ホテルでは平均66%に達する。また、宿泊料は1泊平均76ドルとなっている。
(引用元:Sai Gon Giai Phong 10月23日)

Post in Business

Related Trend Watch

国内最大級のスタートアップイベント開催、総額450万ドルのプロジェクトに投資  ハノイで11月14~15日、国内最大のスタートアップイベント「Techfest Vietnam 2
ホーチミン市1区のマンション、大半が消防基準満たさず  ホーチミン市1区人民委員会は、区内のマンションの消防法の遵守状況を検査した。  区内には現在、1
企業の情報セキュリティー投資が低水準  ホーチミン市で11月23日、「ベトナム情報セキュリティーデー2017」(Vietnam Infor
Vietcombank、 日本人の副頭取が就任  12月15日、ベトナム外商銀行(Vietcombank=VCB)は役員人事を発表し、同日から日本人