FDIのホテル投資が活況、ベトナムの観光ポテンシャルに着眼

計画投資省外国投資庁によると、今年年初9カ月の外国直接投資(FDI)の登録総額は、前年同期比約33%増の255億ドルと記録的な伸びを見せた。
そのうち不動産分野では、新規投資プロジェクトは34件、投資総額は10億ドルに達した。中でも、新規投資のホテル建設プロジェクトが多く、Movenpickはホテル10軒の投資プロジェクトを予定している。
これらのことから、外国投資家がベトナムの観光ポテンシャルに着眼していることが分かる。
ホーチミン市では、多くのホテルで客室稼働率が高く、4~5つ星ホテルでは平均66%に達する。また、宿泊料は1泊平均76ドルとなっている。
(引用元:Sai Gon Giai Phong 10月23日)

Post in Business

Related Trend Watch

ホーチミン市1区で発生した窃盗、ひったくり事件で外国人も被害に ◇ひったくり被害 ①ファン・ボイ・チャウ通り56番地付近で、タイ国籍の男性(1959年生まれ)が
元銀行幹部が顧客の預金を横領、借金返済に充てる ホーチミン市人民裁判所で9月27日、顧客の預金を横領・詐欺罪に問われたViet Capital Ba
ホーチミン市、 外国人観光客数が年間630万人を達成  ホーチミン市観光局によると、2017年に同市を訪れた外国人観光客数はのべ約630万人(前年比22・
住友林業、ベトナムで住関連事業を拡大 住友林業株式会社は10月20日、100%子会社のSumitomo Forestry Singapor