EJEC、土木大学との技術協力・市場開発などで覚書締結

 株式会社エイト日本技術開発(以下「同社」)は、2017年12月12日、ベトナム国家土木大学(National University of Civil Engineering, NUCE)と技術協力ならびに市場開発などに関する覚書を取り交わした。
 覚書は、今後3年にわたるもので、2018年中に、合同でセミナーの開催を計画しており、その準備および実施を通してベトナムのインフラ課題を整理し、高度なソリューションならびにプロジェクトを提案していく予定だ。
 ベトナム国家土木大学は、1966年に国内の高度な土木技術者育成のため設立された高等教育研究機関であり、教授陣には日本留学経験者を多数抱えている。同校のミッションは、質の高い人材の供給、研究開発、工業国化・国際連携にふさわしい先端土木技術の確立であり、ベトナム政府の定める国際化推進校の一つとなっている。
 同社は、今年度が初年度である第4次中期経営計画においてアジア、特に東南アジアへの展開を強化していく予定で、現在、力強い地域経済発展をけん引するベトナムにおいて国際的な協力関係を強化し、東南アジアにおけるビジネスの展開を加速していく構えだ。
(引用元:株式会社エイト日本技術開発ニュースリリース 1月11日 )

Post in Business

Related Trend Watch

ホーチミン市の不動産価格、7区や9区を中心に上昇  DKRA社によると、ホーチミン市の不動産市場は2010~2013年に冷え込んだが、2014年以降は
ホーチミン市、Uber とGrabに新規の車両登録ストップを要請 ホーチミン市内の渋滞が日増しに深刻化する中で、市は配車サービスGrabとUberに対し参加車両の新規
高齢者をテーマにした写真コンテストを開催、在越外国人も応募可 保健省の人口・家族計画総局は、国際高齢者デー(10月1日)にちなんで高齢者をテーマにした写真コンテス
十六銀行、ハノイ駐在員事務所を新規開設へ、日本の地方銀行としては初 「十六銀行」(岐阜県岐阜市、村瀬幸雄頭取)は4月27日、取引先企業の海外における事業展開支援を強化す