Bosch、ベトナム工場の インダストリー4・0対応で増資

 Bosch Vietnam社は、ドンナイ省の工場「Bosch Gasoline Systems」に約5800万ユーロを増資し、ベトナムにおける投資、事業活動を強化する。
 Boschは2018年末までに、同工場への投資額3億2100万ユーロ達成を目標に掲げており、インダストリー4・0ソリューションを駆使したスマート生産システムを段階的に導入する。
 今回の増資は、アジア太平洋地域および北米地域における自動車メーカーからの伝動ベルトの需要の高まりを受けてのもの。今回の増資により、現存工場での生産性の向上を図り、さらに工場内に新たなプロダクションエリアを増設する。
 Boschは欧州企業としては、ベトナムにおいて投資規模が最大級クラスで、投資は研究開発(R&D)、製造、販売、サービス分野に及ぶ。Bosch Vietnam社の設立は、ASEAN地域におけるBoschの成功を決定づける重要プロジェクトとなっている。
(引用元:Sai Gon Giai Phong 12月14日)

Post in Business

Related Trend Watch

みずほ銀行、世界銀行とのEVNにかかわる格付アドバイザリー 契約を締結  株式会社みずほ銀行は、世界銀行グループにより設立されたグローバル・インフラストラクチャー・ファシリ
ミズノの初等義務教育・運動プログラム導入普及促進事業が、ジェトロ支援プロジェクトに採択 美津濃株式会社が開発した子供向け運動プログラム「ヘキサスロン」を使ってベトナムの初等義務教育における
ホーチミン市でのマンション販売戸数、直近5年で記録的な伸び ホーチミン市のマンション市場では、今年第2四半期に入って販売戸数が飛躍的に伸びている。 Savil
牧野国土交通副大臣、交通インフラ・観光のトップセールスを実施  牧野国土交通副大臣は、12月12~15日まで、ベトナムおよびタイに出張し、両国政府要人との政策協議