2017年の平均賃金、前年から9.3%増加

 労働傷病兵社会省は先ごろ、全国の平均賃金は2017年に前年から9.3%増加したと明らかにした。
 全国63省の平均賃金は2017年に月660万ドン(約290ドル)となり、前年の600万ドン(約263ドル)から増加した。
 2017年には最低賃金が前年から7・3%引き上げられたが、平均賃金の伸び率はこれを上回っている。特に外資系企業の平均賃金は前年の月590万ドンから13・5%拡大して670万ドンになった。また民間企業の賃金も前年の月540万ドンから2017年には560万ドンに増えている。
(引用元:THE VOICE OF VIETNAM 2月24日)

Post in Business

Related Trend Watch

感染症に注意、冬から春にかけて拡大の恐れ 保健省は先ごろ、各省・市の人民委員会委員長に対し、冬や春の時期における疫病予防の強化に関する公文書を
旧正月向けの花き輸入が大幅増  税関総局によると、今年の旧正月向けの花きの輸入額は1800万ドル(前年比約50%増)に達した。
アイデム、ハノイ工科大学で協同教育プログラムを開始  総合人材情報サービスを手掛ける株式会社アイデムは、日本企業で就業するために必要なスキルを持ち合わせ
国産自動車メーカーVINAFASTの社長にGM元副会長が就任 Vingroupは9月25日、傘下の自動車生産工場VINFASTの社長に、ゼネラルモーターズ(GM)