VinMart、2020年目標はスーパー200店、コンビニ4000店

Vincommerce社は、2020年までの目標として、傘下のスーパーVinmartの店舗数を200店、コンビニエンスストアVinmart+を4000店としている。
同社が1月に開催した戦略パートナー会議の席上で、国内外のベンダーや顧客に向けて明らかにした。
2017年12月31日現在の店舗数は、VinMartで65店、VinMart+で約1000店、国内の26の省・市に展開し、国内では最大規模を誇る。
事業開始から3年、多様性のある店舗作りで発展を遂げている。大型スーパーは交通アクセスの至便な商業施設に、コンビニチェーンは住宅密集地と住み分け、便利で安全をモットーに商品展開を行う。さらにトレーサビリティを徹底して品質保証体制を整え、店舗サービスも充実している。
Vietnam Reportの2017年度の調査で、VinMartおよびVinMart+は「消費者の関心が高い小売店」のトップ2に、さらに「消費者からの信頼が高い小売店」のトップ10にランクインした。
VinMartおよびVinMart+の業績により、VinCommerce社は、英ブランドファイナンス社のベトナムブランドのランキングのトップ50に2016、2017年と2年連続でランクインしている。
(引用元:VietnamNet 1月16日)

Post in Business

Related Trend Watch

お年玉は電子ウォレットの時代  ベトナムでも旧正月にお年玉の習慣があるが、電子決済アプリ「ZaloPay」が電子ウォレットを使った
旧正月イルミネーションが出火・倒壊など事故相次ぐ ①出火事故  1月19日午後6時30分ごろ、ホーチミン市1区聖母マリア教会近くのレズアン通り―ファ
トレッキング中に外国人男性が行方不明に  ダナンの観光名所ソンチャ半島でトレッキングに参加していた外国人男性が行方不明になり、管轄公安により
2018年の越の成長率は6.6%に、IMFが見通し  国際通貨基金(IMF)はこのほど発表した報告書で、ベトナムの2018年の国内総生産(GDP)伸び率