韓国・暁星グループ、越を中核製造拠点に

 韓国の中堅財閥、暁星(ヒョースン)グループはベトナムを同グループの中核的な製造拠点にする計画だ。
 暁星グループはこれまでに、南部バリアブンタウ省でのポリプロピレン生産拠点と液化石油ガス(LPG)地下貯蔵庫を設置する許可を得ている。投資額は計12億ドルに上る見込み。
 新設されるポリプロピレン工場は韓国の既存工場を置き換えるものになる。
 暁星グループは2007年にベトナムに進出した。傘下の暁星ベトナムはこれまでに自動車タイヤ事業などに15億ドルを投資している。
(引用元:Voice of Vietnam 10月19日)

Post in Business

Related Trend Watch

郵船ロジスティクス、ダナンに日系物流企業初の自社倉庫を新設  郵船ロジスティクス株式会社のベトナム法人であるYusen Logistics (Vietnam)
マネーフォワード、ベトナム法人設立  株式会社マネーフォワードは、今年秋をめどにベトナム法人を設立する予定だと発表した。海外法人の設立は
少年グループがコンビニ強盗  ホーチミン市10区公安は、同区内で起こったコンビニ強盗の容疑者9人を逮捕したことを明らかにした。
交通事故で1日平均 23人が死亡  統計総局によると、今年年初6カ月の全国における交通事故の発生件数は8999件(前年同期比6・2%減