韓国・暁星グループ、越を中核製造拠点に

 韓国の中堅財閥、暁星(ヒョースン)グループはベトナムを同グループの中核的な製造拠点にする計画だ。
 暁星グループはこれまでに、南部バリアブンタウ省でのポリプロピレン生産拠点と液化石油ガス(LPG)地下貯蔵庫を設置する許可を得ている。投資額は計12億ドルに上る見込み。
 新設されるポリプロピレン工場は韓国の既存工場を置き換えるものになる。
 暁星グループは2007年にベトナムに進出した。傘下の暁星ベトナムはこれまでに自動車タイヤ事業などに15億ドルを投資している。
(引用元:Voice of Vietnam 10月19日)

Post in Business

Related Trend Watch

埼玉県の上田知事がベトナム訪問、クアン国家主席と会談 ハノイで11月2日、チャン・ダイ・クアン国家主席は、埼玉県の上田清司知事と会談した。 クアン国家主
インバウンド集客、外国人ブロガーとタイアップ  ダナン市観光局は2月7日、インバウンド集客の新規計画を明らかにした。  それによると、同市は西ヨ
携帯電話の10桁への変更が完了  情報通信省通信局によると、携帯キャリア各社の11桁から10桁への番号変更がすべて完了した。  1
ユニセフ・ベトナム、父親の育児参加キャンペーン展開  国連児童基金(ユニセフ)ベトナム事務所は6月14日、6月17日の「父の日」に合わせて、父親の育児参