韓国コンビニチェーンGS25が1号店オープン

 ホーチミン市で1月19日、韓国系コンビニエンスストア「GS25」のベトナム1号店が1区ハイバーチュン通りのEmpress Towerビル内に開店し、早朝から多くの若者が行列をなした。
 GS25 Vietnam社は今後の出店計画として、今年1月中にホーチミン市内に4店舗、年内に50店舗、さらに今後2年間でハノイやハイフォン、ダナン、カントーに進出、10年間で全国2500店舗を目指す。最初の3年間は連続赤字も覚悟の上でベトナム国内での店舗開発に注力するとした。
 GS25 Vietnam社によると、GS25の1店舗当たりの売場面積は平均130平方メートル、商品約1600点を取り扱う。商品構成は韓国製が約30%を占める。ターゲットは若年層で、フードトレンドや文化の発信地としての役割も担いたいとしている。GS25はすでにロンアン省内に食品製造工場を設立、韓国人専門家の監修によりメニュー開発を行う。
 GS25は韓国では最大のコンビニチェーンで、店舗数は1万2000店、韓国国内シェアは約30%となっている。
(引用元:TRI THUC TRE 1月5日/Sai Gon Giai Phong 1月20日/Kenh14.vn 1月20日)

Post in Business

Related Trend Watch

「ノルウェイの森」のトラン・アン・ユン監督、東京国際映画祭に参加 10月に開催される「第30回東京国際映画祭」に、ベトナム系フランス人映画監督のトラン・アン・ユン氏が
貝の屋台に乗用車が突っ込む、飲酒運転の疑い  12月16日午後5時30分ごろ、ホーチミン市トゥードゥック区で1台の乗用車が歩道沿いの貝料理の屋台
海外への頭脳流出、ハイレベル人材の確保が困難  ホーチミン市で11月14日、労働傷病兵社会省、マンパワーグループ(ManpowerGroup)、ベ
飲食店の警備員が客のバイクを盗み質屋に売却 8月28日夜、ハノイ市ハイバーチュン区の飲食店で、警備員2人が客のバイクを盗むという事件が起こった。