重大犯罪が増加、複雑化する傾向

 公安省が11月6日に発表した「2017年の犯罪・法律違反防止活動に関する報告」によると、2017年度は、犯罪の抑制、減少で一定の成果が見られた。
 その一方で重大犯罪が増加、複雑化している。殺人事件の発生件数は前年比で1・44%増、環境犯罪は約19%増、麻薬犯罪は約10%増で、複数のルートや拠点が関連するなど複雑化が進む。
 複数人が被害者となった殺人事件で、特に被害者が肉親などの近親者のケースが同5・66%増となり、一部の犯罪者の残忍な手口やモラルの欠如が世論の怒りを受けた。また、児童への性的虐待事件が多くの地域で発生し、社会に不安が広がった。児童に対する性的虐待行為が告発されたが関係当局で十分な証拠が得られなかったケースも多く見られた。
 組織的な暴力犯罪や不正犯罪、凶器を使った犯罪は依然として一部の地域で発生しており、刑事犯罪や経済犯罪、麻薬犯罪など複数の要素が結びついた犯罪が発生している。
(引用元:Phap Luat 11月7日)

Post in Local

Related Trend Watch

アマゾン・ウェブ・サービシズ、越事業を加速  米アマゾン傘下のアマゾン・ウェブ・サービシズ(AWS)はベトナムのスタートアップ企業向けの展開を加
ホーチミン市1区、歩道占拠取り締まりの幹部に脅迫メールで公安が捜査 ホーチミン市1区で、歩道占拠取り締まりを実施しているドアン・ゴック・ハイ1区人民委員会副委員長に対し
ホーチミン市、 外国人観光客数が年間630万人を達成  ホーチミン市観光局によると、2017年に同市を訪れた外国人観光客数はのべ約630万人(前年比22・
三菱日立パワーシステムズ、火力発電所建設プロジェクトに参画  三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は、丸紅株式会社と韓国電力公社(KEPCO)がタインホア省で進