配車サービスGo-Viet、破格の料金で勝負

 インドネシア・Go-Jek社の配車サービスアプリ系バイク便サービス「Go-Viet」が8月からホーチミン市で事業を開始した。
 Go-Jek社のAndre Soelistyo会長は自身のLinkedInページで、ベトナム市場では初日3日間で市場シェア10%を達成、その後も伸び続け現在は15%に拡大していること、9月にハノイ進出の計画があることも明らかにした。
 Go-Vietは現在、ベトナム市場ではホーチミン市でバイクタクシーと、配送サービスのバイク便事業のみを展開し、「8キロメートル以下は5000ドン」と破格の運賃設定だ。
 GrabBikeはすぐに対抗策として、ホーチミン市中心部を対象に「8キロメートル以下は2000ドン」、「5キロメートル以下は無料」というキャンペーンを展開した。
 Grabは、Go-Vietの進出による影響は特になく、両社の戦略や目標の違いから競合視していないという。Grabは二輪車・四輪車の運輸サービスのほかに、フードデリバリーのGrabFood、バイク便配送サービスのGrabExpress、キャッシュレス決済のGrabPayやGrab Financialのほかに、GrabDaily、GrabFreshなど複数のサービスが乗る統合プラットフォームを構築中だ。今年7月にはすでにGrabPlatformを発表しており、Grabはオープンプラットフォーム戦略で東南アジア市場におけるエクセレントアプリを目指すという。Grabはベトナム市場への理解や、技術・財務力によりベトナム市場での長期投資が可能なことが強みだ。
(引用元:Zing.vn 8月28日)

Post in トレンドウォッチ

Related Trend Watch

西鉄、ICカード相互利用開発支援へ参画  西日本鉄道㈱では、独立行政法人国際協力機構(JICA)が実施する「ハノイ公共交通ICカード相互利用
韓国ロッテ、越での小売拠点の拡充目指す  韓国ロッテ・グループはハノイ市やホーチミン市をはじめとするベトナムの各都市での拠点の拡充を促す意向
ゴー・ベト、HCM市で サービス開始  インドネシアの配車アプリ「ゴー・ジェック」がベトナムで展開する「ゴー・ベト」は8月1日、ホーチミン
Viettelの対外投資が好調  今年6月現在で、ベトナム工業・軍隊通信グループ(Viettel)は、対外投資先10カ国のうち8カ国