車線変更のため道路の柵を取り外したドライバー、SNSへの動画アップで発覚

 ハノイ市ホアンマイ区のタイン・チー橋の下り線が渋滞する中、数台の乗用車が二輪車専用レーンに進入してしばらく走行した。その後、交通警察官の取り締まりを免れるため自動車専用レーンに戻ろうと、ドライバーの男性数人が降車して道路の防護柵を取り外した。この様子は動画で撮影され、12月15日にソーシャルネットワーキングサービス(SNS)上に投稿された。
 管轄の交通警察は、この動画に映っていた車両のナンバーを車両登録・管理システムに照会し、車両の登録者を割り出して管轄の公安に通知した。翌16日、公安は当該車両の登録者の男性1人を警察署に連行し、通行区分帯違反で調書を作成。男性は動画を確認後、陳述書を提出し同様の行為を繰り返さないことを誓約、調書に署名した。
 この男性に対しては、道路交通関連法の違反行為に対する処罰について定めた政令第46号に基づき、通行区分帯違反の罰金として80万ドン~120万ドン、さらに1~3カ月の免許停止処分が適用される。
(引用元:Tri Thuc Tre 12月16日)

Post in Local

Related Trend Watch

オーガニック食品の需要拡大、小売各社が販売広げる  オーガニック食品の需要拡大を受け、小売各社が同食品の販売を広げるとともに、有機農業分野への投資を進
マンションで住人が乱闘、数名が負傷  5月3日午後9時30分ごろ、ハノイ市ホアイドゥック県のマンションで住人同士が乱闘になり、3人が病院
茨城県下妻産の梨販売開始 9月23日、ホーチミン市の「イオンモールタンフーセラドン店」にて、茨城県下妻産の梨の販売プロモーショ
ホーチミン市中心部で発生したひったくり、窃盗被害など ◇ひったくり被害 ①1区レタントン通り12番地付近で、マレーシア国籍の男性(1974年生まれ)が散