越航空、カントー市に物流拠点を開発へ

 国営ベトナム航空は2018年に、南部カントー市に物流センターを建設する計画だ。
 物流センターはカントー国際空港に隣接する30ヘクタールの用地に設置される見込み。同センターは完成すれば、年間少なくとも60万トンの貨物を取り扱う能力を持つという。ベトナム航空は新拠点により拡大する内外の航空会社の貨物輸送需要に応えていく。
 同社は既にノイバイ国際空港、タンソンニャット国際空港、ダナン国際空港にそれぞれ物流センターを保有する。一方、これらの拠点はもう土地がないため拡張することができない状態にあることから、カントー市の拠点を新設する。
 物流センターの整備に合わせ、ベトナム航空はカントー発着の国内線と国際線の新路線を開設する見通しだ。
(引用元:Voice of Vietnam 5月19日)

Post in Business

Related Trend Watch

クアン国家主席が死去、各国メディアが報道  チャン・ダイ・クアン国家主席が9月21日午前10時5分、ハノイ市にある108軍中央病院で、病気のた
枯葉剤被害者の支援キャンペーン、SMSで実施  ハノイ市でこのほど、枯葉剤被害者の支援を目的としたショート・メッセージ・サービス(SMS)によるキ
オンライン旅行サイトが好調、顧客確保に活路  オンライン予約サイトに大規模な投資を行った国内の旅行会社の業績が好調だ。ウェブシステムを整備したこ
美少女コンテスト開催、優勝はハノイ出身の5歳の女の子  美少女コンテスト「ミス・ベビー・ベトナム2018」の決勝戦が8月31日にハノイ市で開催され、グエン