越航空、カントー市に物流拠点を開発へ

 国営ベトナム航空は2018年に、南部カントー市に物流センターを建設する計画だ。
 物流センターはカントー国際空港に隣接する30ヘクタールの用地に設置される見込み。同センターは完成すれば、年間少なくとも60万トンの貨物を取り扱う能力を持つという。ベトナム航空は新拠点により拡大する内外の航空会社の貨物輸送需要に応えていく。
 同社は既にノイバイ国際空港、タンソンニャット国際空港、ダナン国際空港にそれぞれ物流センターを保有する。一方、これらの拠点はもう土地がないため拡張することができない状態にあることから、カントー市の拠点を新設する。
 物流センターの整備に合わせ、ベトナム航空はカントー発着の国内線と国際線の新路線を開設する見通しだ。
(引用元:Voice of Vietnam 5月19日)

Post in Business

Related Trend Watch

金正男氏の殺害事件、初公判で被告は無罪を 主張 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄にあたる金正男氏が2月13日に殺害された事件の初公判が、10月
給食用のコメを横流し、高校の校長と教頭が共謀  北部イエンバイ省で、寮制高校の校長と教頭が給食用のコメを横流しして不当に利益を得ていた。  1
韓国でインスタントフォーが人気  4月12日、ベトナム高品質製品企業協会は、韓国のコンビニチェーンGS25とベトナム企業のビジネスマ