越企業、カンボジアの貧困世帯を支援

 カンボジアで事業展開する複数のベトナム企業が、カンボジアの貧困世帯の支援に乗り出している。
 ベトナム企業は今回、クメール・ベトナム協会を通じて、貧困世帯100世帯に対してギフトを贈った。同協会は今後も、関係者と連携するなどして、カンボジアのプレイベン州の貧困層の支援を継続する見通しだ。
 一方、ここ数年、こうしたカンボジアの貧困層らに対する支援活動の一環として、医師による診察や医薬品の提供も無償で実施されている。3月12日には、カンボジアに暮らすベトナム人の意思が地場のパートナーと連携しながら、カンボジアのケップ州の貧困層を対象に無料の診察などを行った。
(引用元:Voice of Vietnam 5月26日)

Post in Business

Related Trend Watch

ホーチミン市1区で発生した窃盗、ひったくり事件で外国人も被害に ◇ひったくり被害 ①ファン・ボイ・チャウ通り56番地付近で、タイ国籍の男性(1959年生まれ)が
バンブー航空、観光需要とニッチ市場の取り込み目指す  バンブー航空は2018年第4四半期(10~12月)に正式にベトナムの航空市場に参入する見通しだ。同
新開トランスポートシステムズ、ベトナムに現地法人設立  株式会社新開トランスポートシステムズは、さらなる東南アジア地域での事業を推進・強化するため、ホーチ
「公安省職員を対象とした日本語人材育成プロジェクト」開講式  11月13日、Binh Thanh区「VJCC」(ベトナム日本人材開発インスティテュート)にて、「