越企業、カンボジアの貧困世帯を支援

 カンボジアで事業展開する複数のベトナム企業が、カンボジアの貧困世帯の支援に乗り出している。
 ベトナム企業は今回、クメール・ベトナム協会を通じて、貧困世帯100世帯に対してギフトを贈った。同協会は今後も、関係者と連携するなどして、カンボジアのプレイベン州の貧困層の支援を継続する見通しだ。
 一方、ここ数年、こうしたカンボジアの貧困層らに対する支援活動の一環として、医師による診察や医薬品の提供も無償で実施されている。3月12日には、カンボジアに暮らすベトナム人の意思が地場のパートナーと連携しながら、カンボジアのケップ州の貧困層を対象に無料の診察などを行った。
(引用元:Voice of Vietnam 5月26日)

Post in Business

Related Trend Watch

国際女性デーのプレゼントにマリモが人気  国際女性デー(3月8日)の贈り物として、マリモや多肉植物のエケベリアの鉢植えなどが学生やオフィスワ
工事現場で設備が落下、男性1人が死亡  5月18日午前0時30分ごろ、ホーチミン市3区ナムキーコイギア通りの建設工事現場で労働災害事故が発
チュンソン水力発電所が運転を開始 ~東芝水電設備(杭州)が水力発電設備を納入~ 東芝グループが水力発電設備を納入したチュンソン水力発電所1~4号機のすべてが、営業運転を開始した。同
ベトナム航空の業績好調、税引き前利益で年間計画の40%超 ベトナム航空総公社(VNA)によると、今年年初9カ月における同社の運航便数は約10万8000便に達し