豊田合成、ベトナムにエアバッグ部品の新工場を設立

豊田合成株式会社は、世界各地域における安全規制強化を背景とするエアバッグの需要拡大などに対応するため、ベトナムに新工場を設立する。
新工場は、同社の生産子会社「豊田合成ハイフォン」(TGHP)の分工場として設立し、エアバッグ部品などを2019年7月から生産、日本や北米、欧州などのエアバッグ最終組付拠点へ輸出する。新工場の設立に伴う投資額は2460万ドル(約26億円)であり、2018年3月から工場建設を開始する。
同社は、エアバッグを中心とするセーフティシステム製品を重点事業と位置づけ、グローバルでの生産体制の強化などに注力している。ベトナムにおける同事業の生産能力は、2016年度はエアバッグ部品が年産1450万個、ハンドルが年産220万本であり、2023年度にはエアバッグ部品を2300万個、ハンドルを320万本に増やす計画だ。
引用元:豊田合成株式会社ニュースリリース 8月30日

Post in

Related Trend Watch

ベトテル・グローバル、7月にUPCoMに上場へ  通信大手ベトテルの海外投資部門であるベトテル・グローバルは7月、未上場株式を取り扱う公式店頭市場「
越の2018年成長率は 6.8%に、世銀が予測を上方修正  世界銀行はこのほど発表した報告書「グローバル経済見通し」の中で、ベトナムの2018年の国内総生産(
ベトナム人の観光トレンド、短期間で頻度が高い  Visaが実施した2018年の世界の観光トレンド調査によると、ベトナム人の旅行期間は4泊以下が74
再生可能エネルギー 消費、目標届かず  ホーチミン市天然資源環境局によると、同市の再生可能エネルギー開発分野の2016~2020年期の目標